私が高価な服を買わなくなった4つの理由

私は大学に入学した頃から、ファッションにこだわる様になり、少ないお金をやりくりして服を買っていた時期がありました。

ですが、最近はユニクロで済ませたり、某定番商品を買って済ますようになりました。

その理由を以下に述べます。

スポンサーリンク

ショッピングよりも自己投資に時間を使いたいから

まず、貴重な休日、余暇の時間を服探しに費やしたくないです。

高価な服を買おうとすると、どうしても慎重に複数の選択肢を見た上で、納得してから購入したくなります。

複数のお店を回って試着等していると休日の3,4時間位すぐに経ってしまいます。

ただおしゃれな人より、体を鍛えたり、本を読んだり、勉強をしたりする人の方がモテます。

季節が変わる度に服屋に行って、ローテーション組むためのトップスやボトムスを複数枚選ぶのに何時間もかけていませんか?

鍛えていればシンプルで安い服でも格好良いから

よく女性に「好きな男性のファッションは?」と聞くと、

「シンプルな感じ、ジーパンにTシャツとか」という回答が返ってきます。

でも、それはジーパンTシャツスタイルの人が好きなのではなく、そういう格好でサマになる、体型のカッコいい人が好きという意味です

シンプルな格好をすると、適度に鍛えた逆三角形の体型、太い腕が際立ちます。(まだそこまで腕太くないですが。そして、前よりは格好よく見えるだけですが。)

販売員手当というものを知ったから

販売員手当という物をご存知でしょうか?平たく言うと、客に服を売れば売るほど手当が給料に上乗せされます。

販売額に応じたインセンティブという形で支払われたりします。

クレジットカードの作成をやたらお勧めして来ますが、店毎に勧誘数のノルマがあったり、勧誘したら手当がついたりします。

アパレル店員の女性は可愛い方が多いですが、そんな可愛い店員さんに服を進められて、調子に乗って買ったとします。

その可愛い店員さんに販売員手当がつきますね、その手当のいくらかは彼氏とのデート代になります。

ごめんなさい、リア充の方を支援するつもりは、特にないです。(ごめんなさい)

株を始めたから

下の記事で紹介してる本を読む機会があり、そこから投資をするようになりました。

服は1シーズン着たら痛んだり、好みが変わったりして着なくなる物も多いです。

基本的に服は買った瞬間がもっとも高値で、使用の度に価値が低下していきます。

良い服になると2,3万円位すぐにしますが、2,3万円で買える株も多くあります。

そして、十分に戦略的に株を買えば、株価が数倍に上がったり、配当金(利子みたいなもの)や株主優待券が貰えたりします。

株で資産が増えれば元本そのまま手元に残してお洒落な服を買うことだって出来ます。

服に費やすお金があれば株買います。また、企業調査に時間がかかり、服を選ぶ時間が惜しいというのもあります。

以上、私見ですがご参考になれば幸いです。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする