私が失敗した株式投資の3パターン

株をやっていれば余程の運と実力に恵まれた方でない限り、損を出すことはあります。

素人投資家の私なら当然、損失を出したことがあります。しかも、ショボい理由で。

今回は、私が株式投資を始めて最初の頃にやってしまった失敗3つを紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

①落ちるナイフを掴んだ

以前にディープラーニングが話題になっていた頃、某雑誌にディープラーニング関連銘柄が紹介されていました。

その時の記事には、「株価が下がって今が狙い目」と言ったようなことが書かれていました。

確かにチャートを見ると、1か月で10%以上値下がりしており、買い時のように見えてしまったのです。

雑誌に掲載されている銘柄を値下がりしているからと言って安易に購入してしまいました。

投資の禁止パターンをダブルでやってしまいました。不幸中の幸いは、単元未満株で4万円分程しか購入していなかったことです。

失敗の原因
・雑誌掲載の銘柄を安易に購入した
・値下がりの原因を考えずに買ってしまった

②企業の環境を考えていなかった

身近な企業の株を購入すること自体は悪い選択ではないです。ただし、よく分析した上でならですが。

私は不用品の処分で某リサイクルショップをよく利用させて頂いていました。

そのお店は、休日に行くと駐車場は大体満車であり、非常に繁盛している印象でした。

よく使うし、繁盛していそうという理由でその会社の株を買ってしまいました。

ここまでは、それ程悪い理由ではないのですが、その頃、メルカリが台頭してきている頃でした。

リサイクルショップを使わなくても個人間でよりオトクに売買が出来てしまう訳です。

こういった時代の傾向を考えれば、リサイクルショップは業界的に今後は厳しくなることが予想出来たはずです。

失敗の原因
・企業をとりまく環境を考えずに買ってしまった。

スポンサーリンク

③自分の判断を信じ切れなかった

私自身が婚活をしていたこともあり、婚活で有名な企業であるIBJの株を購入したことがあります。

企業分析により、この企業は婚活業界の中では最強企業といっても過言ではない強味を持っていました。

日本結婚相談所連盟というものがあり、個人の結婚相談所でも、ここに加盟することで、複数の結婚相談所間で人を紹介し合えるという仕組みです。

結婚相談所選びのサイトでは「とりあえず、日本結婚相談所連盟に加入している相談所に入りましょう!」と書かれる程です。

この連盟に加入するとIBJに登録料を払うことになり、IBJにとっては良い収入源になります。

ここの株を購入した次のタイミングの決算で好決算が出た、が、翌日は株価が下がるという奇妙な事態になりました。

理由は良く分からなかったのですが、さらなる暴落を恐れて損切をしてしまいました。が、一年後には株価は購入価格の2倍程度になっていました。

ホールドしていればダブルバーガーだったのに。。。orz

ひょっとしたら、機関が意図的に株価を下げていたのではないかとも思ってます。

失敗の原因
・自分の分析結果を信じず手放してしまった
・機関の株価操作の可能性を考慮しなかった

おわりに

成功よりも失敗からこそ学ぶことが多い、と言うので書かせて頂きました。

勉強されている方には余計なお世話でしょうが「気をつけなはれや!」。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ



コメント

  1. sora より:

    私もIBJ持ってましたよ。
    分割前の優待がめっちゃ豪華な時です。
    優待だけで22万の価値がありましたからね(使う人限られますが)
    今では考えられない

    株はたしか20万くらいで買った記憶あります。

    今でも持っていれば・・

    • yawara yawara より:

      持ってましたか。結婚相談所系の優待は入会金とかの割引があって、使う人にはかなりオトクですよね。

      今からでも遅くない、かもしれませんが、かなり上がってしまっていて、買うのは怖いです。。