SEの男性で結婚したい人は早く婚活した方が有利です

スポンサーリンク

出会いが無い

SEとして働いている男性の多くの悩みは、「女性との出会いがない」事ではないでしょうか。

私の職場の9割以上は男で、女性なんてほぼいません。大概のSEの方に共感していただけると思います。

さらに悪い事に、私は大学までは関西だったのですが、就職で関東に来てしまい友人の紹介もほとんど期待できません。
(友人もソロ活動派が多いので。)

IT系なら早めの行動が吉

もし同じような方がいれば、なるべく若い内に婚活される事をお勧めします。

情報系の会社は概ね若手(20代)の社員でも残業代で稼げる分、同年代の同業他社の人より年収がいいです。

割とよく言われますが、男が婚活する場合、年収は多い方がいいです。(年収だけとは言いませんが、有利にはなります)

ただし、これが30歳を過ぎて来るとそうでも無くなって来るので、とっとと活動した方が良いです。

自然な出会いなんて無い

特に残業が多かったりで忙しくされてる方はあっという間に30歳です。

自然な出会いを待っていると何も無いまま年を取ってしまう可能性は高いです。

大事なことなのでもう一回言います。「自然な出会いなんて待っててもないですよ。」

過去の10年程を振り返ってみて自然な出会いが無かった、そうであるならば、これからの1,2年で自然な出会いがある確率は低いと思いませんか?

婚活というものはありますが、30歳を過ぎると難易度が上がります


私も20代の頃には、最悪でも結婚相談所とかで婚活をすれば直ぐに結婚出来るだろうと思っていました。

ただ、実際には結構苦労しています。

その理由を以下に書きます。

結婚相談所の30代男性は登録数が多く激戦区

結婚相談所の男性登録者数の年齢を確認すると、31~35歳が約40%と最多です。(日本結婚相談所連盟のデータによる)

31~35歳の男性が希望する相手の女性の年齢は20代後半~同年代位が一般的です。

20代後半~35歳までの女性は全ての年齢の男性からの人気も多いです。

つまりは、31~35歳の多くの男性と競争しつつ、最も人気のある女性のゾーンに参戦する訳です。

他のSEはもう登録していますよ

結婚相談所に登録している男性の職業のトップ3をご存知でしょうか?トップ3は以下です。

1位:営業職
2位:SE
3位:地方公務員
(日本結婚相談所連盟のデータによる)

意外にも結婚相談所ではSEのライバルは多いです。

SEは仕事以外でも同業者さんのライバルは多いようです。

職業が似たような感じなら、他の事でライバルと差別化をする必要があります。

その際に、年齢は大きな要素になります。

身長や顔の造りは変えられませんが、年齢ならば”直ぐに動く”ことで、若い年齢で婚活を出来ます。

30代の男性に求められる年収

女性側からすると30代の男性は20代の男性よりも稼いでいて欲しいと思われます。

SEの平均的な年収は以下の様になっています。
25~29歳:465.8万円
30~35歳:511.7万円
(平均年収.jpより)

一方で、女性が男性に求める年収は500万円以上を希望する人が多いです。

30~35歳の平均年収が511.7万円という事は、500万円以下のSEも少なくないという事です。

もし、30歳以降で急激な給料の伸びが期待できるなら、30歳以降に婚活しても良いかもしれません。

そうでないなら、早めに動いた方が吉です。年齢が上がる程、年収に対する目は厳しくなります。

もし結婚したいと思うなら、まだ20代だしと思わずに直ぐに行動に移すべきです。

私は婚活で出会って交際しています

婚活に来るような人にあまり良い人いないんじゃない?と思われるかもしれませんが、全然モテそうな方も1,2割程はいます。

婚活といっても色々ありますが、できれば直で会うタイプをオススメします。

最近は婚活サイト等でのネットでの活動手段も増えて来ていますが、男女比では男性の方が多い場合が多く、男には不利な場所です。

ですが、結婚相談所となると入会金から成婚料まで含めると30万程度はかかってしまいます。

なので、最初はお見合いパーティ等に参加して様子を見るのも良いです。

というか、私がそうでした。結局、お見合いパーティで良いなと思った方とお付き合いしてます。

婚活のコツ

コツとしては
①上手くいかなくても落ち込まない事
②良い男になる努力はしても飾ってリア充っぽく見せない事
③プロフィールシートに何を書くか考えておく事
です。

①上手くいかなくても落ち込まない事

お見合いパーティではまずカップリングというイベントが有りますが、それを超えても直ぐに交際ではありません。やっぱり違ったかも、ということも普通です。

なので、上手くいかないことも多いと割りきって参加することが必要です。

②良い男になる努力はしても飾ってリア充っぽく見せない事

真面目な男性を求めてる女性も多いので、そんな方にはやたら派手に遊んでそうな人は敬遠されます。

逆に嘘を言って自分を良く見せようとしても、無駄です。女は男の嘘なんて割と見抜きます。

私は休みの日にしてるのは「資格の勉強、筋トレ」と言いました。

③プロフィールシートに何を書くか考えておく事

短い時間で自分を知ってもらうために、自己紹介のネタは整理しておいた方がいいです。

主には、休日何をしているか、特技、好きなタイプ、結婚・交際したら行きたい場所、してあげたいこと、などです。

特に困ったのは「私的ベスト3ランキング」といって映画でも旅行でもなんでもいいからベスト3を書くと言う物でした。

人は「しなかった事」について後悔する

婚活をすれば絶対に上手くいくとは言えません。

でも、もし最終的に上手くいかなかったとしても、行動したうえで駄目だったのであれば、40、50歳になった時に心の割り切りもつくのではないかと思います。(そう思って参加しました。)

人は自分がした事よりも、しなかった事について後悔するものです。

私が行っていた婚活パーティー

もし婚活パーティーに行かれるなら以下がおススメです。比較的大手で集客力が違います。

OTOCONの方が参加費は安めで、Pontaポイントも貯まります。

PARTY☆PARTYの方が20代向けのパーティーが多く、また、高年収な方向けのパーティーが多い印象です。

私はどちらかというと、OTOCONの方が好きです。

微妙な雰囲気の違いですが、PARTY☆PARTYは会場も品があり、ハイスぺな人が集まっている印象で若干落ち着かなかったです。

PARTY☆PARTYのパーティーを探すなら下の画像からどうぞ。


OTOCONのパーティーを探すなら下の画像からどうぞ。


ステキな方との出会いをお祈りしています。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする