【いらない株主優待を売りたい?】ならラクマに出品がお勧めです!

「株主優待を無駄にしていませんか?」

株主優待が届いたけれど使い道が無くて困る。優待の種類によってはそういう場合もありますよね。

期限切れになってゴミになるのも勿体ないので、売ってお小遣いにするのはどうでしょうか?

本記事では「株主優待をお得に売る方法」について書かせて頂きます。

スポンサーリンク

ラクマは優待投資家の味方

株主優待を出品できるフリマアプリ

メルカリ等の多くのフリマアプリでは金券の出品は禁止されています。

『株主優待』が金券に含まれるかは微妙な所で、フリマアプリにより判断が異なっています。

そして、フリマアプリではラクマだけが株主優待を出品出来ます。

株主優待の売却手段

現在、株主優待を売るには「ラクマ」or「ヤフオク」or「チケットショップ」しかないです。

優待の売却方法毎に特徴を書きます。

  • チケットショップ:直ぐに売れるが、お店の利益のために安値での取引となる
  • ヤフオク:出品手数料8.64%(プレミアム会員)、10%(非プレミアム会員)
  • ラクマ:出品手数料3.5%

出品手数料等を考えると、「ラクマ」がオススメです。

ラクマを使ってるのに楽天銀行の口座を持ってないの!?

ラクマでの売上金は出金するために「出金手数料210円」を払う必要があります。

折角の売り上げから210円を引かれるのは避けたいですよね。

実は、無料にする方法があり、それは「楽天銀行に出金するならば、1万円以上の場合は出金手数料無料」という抜け道があります。

このため、私も楽天銀行の口座を開設しました。

スポンサーリンク

楽天銀行から証券口座への連携!

優待投資家が楽天銀行の口座を開設するメリットは他にもあります。

それは、楽天銀行→証券口座への入金手数料が無料であることです!

つまり、

株主優待を貰う → ラクマで売る → 売上金を楽天銀行に出金 → 証券口座へ入金

とすれば、手数料を抑えて証券口座にお金を移動できます。

これで、株主優待の売却益で再投資ができますね。

因みに提携している証券会社は以下です。

  • SBI証券
  • GMOクリック証券
  • 松井証券
  • エイチ・エス証券
  • 丸三証券
  • 岩井コスモ証券
  • むさし証券
  • 証券ジャパン
  • 内藤証券
  • 豊証券
  • ひまわり証券

マネックス証券は無いですが、多数の証券会社への入金が無料になりますね。

ラクマの売り上げの出金期限について

以下、公式サイトからの抜粋です。

・原則ラクマを退会されない限り消えることはございません

・利用規約で定められた1年間の振込申請期限があります

・1年以上ラクマのご利用が確認できない方(ログインした状態でアプリを開いていない方)は、ラクマから振込申請期限に関する通知が届きましたら、お早めにログインをお願いいたします。

つまりは以下の点を注意した方が良さそうです。

  • 1万円以上貯まったら早めに出金する
  • 定期的にラクマのアプリにログインして、通知が来ていないか確認する

余談

楽天銀行の口座開設には約1週間半位かかったため、出金の期限に余裕をもって口座開設の申請をすることをお勧めします。

善は急げです。

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする