美術初心者の私が婚活中の方に美術本をお勧めする理由と書籍の紹介

スポンサーリンク

女性に多くて男性に少ない趣味

婚活を通じて出会った女性を見ていて思ったのは、婚活中の女性の趣味に「美術館巡り」が多いです。

結婚相談所の業者の方もそのように言われていて、婚活中の女性には「美術に関する趣味を持ってる男性は少ないから、プロフィールには別の趣味も書いた方が良い」と助言されていました。

これは、逆に考えれば婚活中の男性が美術を趣味にすれば他の男と差別化できると考えられます。

というか、実際に私が趣味に「美術館」って書いてました。

男性婚活者には美術鑑賞がオススメ

男性が美術館巡りが好きだと言うとどんな印象でしょう?

・頭が良さそう
・品が良さそう
・寡黙そう

婚活パーティーに来る女性はどちらかというとチャラい感じよりも真面目な感じの方が好きです。

真面目な堅物は行きすぎですが、ちゃらい感じが好きなら婚活ではなく街コンやら〇×イベントで相手を見つけます。

また、最初に書いた通り、婚活パーティーに来る女性の趣味には「美術館巡り」が多いので、自然と話が合いやすくなります。

美術の入門におススメなジャンル

美術って男性にはあまり向いていない趣味の様に思えます。

体を動かす趣味でもないし、アクション映画の様な派手さもなく、興味を引きづらいです。

また、美術館に飾られている作品には歴史画や宗教画が多いです。これらを鑑賞するには歴史や宗教に関する背景知識が必要となります。

勉強しないと楽しめない趣味となると、さらにハードルが上がります。

ですが、背景知識が無くても楽しめるジャンルがあります。

それは「現代アート」です。

現代アートにはぱっと見で面白いものが多く、作品に込められた意味は鑑賞者で自由に考えて楽しめる物が多いです(作者自身、なんとなく、で作った作品もあります)。

このため、歴史や宗教に関する知識が無くても楽しめる分、最初に楽しむジャンルとしておススメ出来ます

実際に私も現代アートから入り、そこから徐々に知識を拡大している所です。

おすすめ本の紹介

私が美術の取っ掛かりとした本をいくつか紹介しておきます。

現代アートに関する入門書です。私が一番最初に読んだ美術関連の本で、背景知識がなくても読めます。

ぱっと見でインパクトのある作品が紹介されていて読んでいて面白かったです。

この書籍を読んで、美術・芸術に関する敷居がぐっと低くなり、関心が湧くようになりました。

美術館巡りで避けて通れないのが西洋絵画です。美術館といえば、西洋の有名な絵画があるイメージです。

美術に関する土台となる知識を系統立てて説明してくれています。

現代アート超入門を最初に読んでみて、もし美術に興味が湧いたら読んでみて頂きたい本です。

東京周辺にお住いの方向けとなりますが、東京の個性のある美術館を紹介してくれています。

東京をエリア別に区切って紹介してくれているので、デートでどこに行くか決める時にも便利です。

こちらは日本全国の中から60館をチョイスし、各美術館の見所をカラー写真を用いて解説してくれています。

ページをめくるだけでも楽しめますし、お気に入りの美術館を見つけて鑑賞がてら旅行に行くのも面白いです。

おわりに

もしデートで美術館に行く際には、以下2つ注意です。
・美術館では私語禁止な所が多いです
・自分の作品に対する想いを熱く語り過ぎると引かれます

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする