iDecoと個人年金保険の違いは?メリット・デメリットを比較します

私は個人年金保険に加入していて、月々7000円を積み立てています。

個人年金保険によく似た物にiDecoがあります。

両者の違いが良く分からなかったので、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

iDecoと個人年金保険の節税効果等の比較

比較項目 iDeco 個人年金保険
(H24年以降の契約)
節税効果上の掛け金の上限
(年あたり)
276000円 80000円
非課税になる金額
(年あたり)
積立て時:全額
受け取り時:※半額
所得税:40000円
住民税:28000円
節約出来る税金(年あたり) ・退職金としての一括受け取りを仮定
・会社からの退職金で控除枠を使い切ったとする
・運用年数を考えると、1年あたり約2.2万円程度課税されるのに近い
→32000円程度の節税
・所得税20%,住民税10%を仮定

→10800円の節税

手数料 ・初回のみ3000円程度
・毎月200円程度(金融機関により異なる)
・1年毎に口座維持手数料4000円程度
→合計で毎年6400円程度
0円
手数料を考慮した上での節税効果
(所得税20%,住民税10%の場合)
約25600円程度 約10800円程度
リスク ・運用で損をする事もある
・税率変更のリスク
・保険会社が倒産した場合は積立金が全額は保証されない

※iDecoの受け取り時に控除される税金について:退職金の受け取り時には多い場合でも、所得金額を50%にした上で税金が適用されます。このため、半額(50%OFF)と書きました。人によってはもっと税金が少なくなるので、目安です。

解答者の写真
こうして見ると節税効果は個人年金保険よりもiDecoの方が圧倒的に高いですね

iDecoと個人年金保険のリスクについて

物事にはメリットとデメリットが付き物と言います。それぞれのデメリットについて、詳しく見てみます。

iDecoのリスク

運用で損をする事もある:iDecoには色々な商品があり、投資信託の様な物もあります。

投資信託等の運用では元本割れのリスクもあります。

税率変更のリスク:iDecoをされたり、勧められる方で気にされている人を見たことが無いのですが、iDecoの税金は受け取り時に発生します。

基本的にこの国の税金は右肩上がりです。30年後に受け取られる方は大丈夫なのでしょうか。

この点に関して、個人年金保険は受け取り時は非課税なので安心出来ます。

個人年金保険のリスク

保険会社が倒産するリスク:個人年金保険はペイオフの対象ではありません。このため、保険会社が倒産した場合は全額戻ってくる保証はありません。

大手の会社を選ぶことで倒産リスクは抑えられますが、30年程度先のことは分かりません。

ただし、倒産した場合でも「生命保険契約者保護機構による保障」というのが適用され、約90%程度は戻ってきます。

※「生命保険契約者保護機構による保障」が適用されるかは、各保険会社にご確認下さい。
ざっと調べたところ、東京海上日動、明治安田生命、日本生命は生命保険契約者保護機構に加入しており、適用されるとの事です。

スポンサーリンク

おわりに

面倒だったので先送りにしていましたが、個人年金と比較した結果、iDecoが騒がれる理由が良く分かりました。

私は今30代ですが、気にするとしたら30年後の税率でしょうか。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ