過敏性腸症候群(IBS)の対策にヨガをお勧めします【続けている人の紹介も】

私は過敏性腸症候群(IBS)で苦労した経験があります。

腸に出る症状であるため、食べ物や乳酸菌に意識が行きがちですが、ヨガも過敏性腸症候群の対策にお勧めです。

ヨガと言えば、ストレッチをして体を柔らかくするイメージが有りますが、元々は精神修養のために行われていた物です。

本記事にて、ヨガの効果と過敏性腸症候群にオススメな理由を説明させて頂きます。

 

スポンサーリンク

ヨガで行う呼吸と動きの効果

過敏性腸症候群の症状はストレスが強いと悪化します。このため、体をリラックスさせてストレスの影響を低減する事が重要です。

ヨガの特徴には
・深い呼吸を行いながらやる事
・ポーズ毎に体の色々な部位を緊張させる事
があります。

以下にヨガの特徴とストレスの関係について書きます。

 

ヨガで行う深い呼吸には自律神経を整える作用がある

過敏性腸症候群では、ストレスにより自律神経が乱れているため、腸に悪影響が出ています。

自律神経を意識でコントロールするのは困難ですが、呼吸を意識する事で自律神経を整えることが出来ます。

 

呼吸は意識でコントロール出来る

例えばなのですが、胃や腸に対して「動け」、「止まれ」と思ってもコントールは出来ませんが、肺は息を吸ったり吐いたりする事でコントロール出来ます。

呼吸のリズムは意識でコントロールできます。

しかし、腸や胃は無意識の部分でコントロールされていて、意識ではコントロール出来ません。

 

呼吸は体と意識をつなぐもの

呼吸を荒くしたり、穏やかにすることで体の動きは変わり、間接的に腸や胃にも影響を与える事が出来ます。

このため、呼吸は「意識」と「無意識」をつなぐチャネルの効果があります。

このため、深い呼吸を行う事で、意識ではコントロールできない自律神経を整える事が出来ます。

 

動きに緊張と緩和があるので、体をリラックスさせられる

ヨガのポーズではポーズ毎に決まった筋肉を緊張させます。

緊張させるとリラックスするというのは変な話の様にも聞こえますが、一旦、緊張させた方が体を緩める事が出来ます。

身近な例では、ストレッチをすると体がほぐれた感じがしますが、ストレッチでは痛いと感じるくらい伸ばし(筋肉を張る=緊張)させた後に、だらんと緩めますよね。

一度、体を緊張させることで、自分の気付いていない筋肉のハリを取る事が出来ます。

 

 

ヨガはリラックスに効果がある体内物質を増やすことが出来る

ストレスケアに効果的な物質「GABA」

ボストン大学の研究では「ヨガには脳内のGABAの量を増やす効果がある」とされています(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3111147/)。

「GABA」は「ガンマ-アミノ酪酸」の事ですが、人間の体内で生成される物質で、GABAには神経の興奮を抑えてリラックスさせる作用があります

このため、ストレスケアに「GABA」が良いと聞いた事がある方も多いのでは無いでしょうか。

 

GABAはサプリメントで増やせない

ただし、上で紹介した論文では「GABA」のサプリメントを摂取しても、体内のGABAの量が増えるとはされていませんでした。

体に良いと聞くと、安易にサプリメントや薬でなんとかしようと思いがちですが、体が元々持っている能力を信頼する事も大事です。

先の引用の通り「ヨガにはGABAを増やす効果がある」と結論付けられているため、サプリメントに頼らなくても、ヨガをやるだけで充分です。

 

 

ヨガを続けて人生を変えた人の紹介

Jordan Youngerさんの場合

Jordanさんは子供の頃にIBSになりました。

一時期は自分の感情をどうやってコントロールすれば良いか分からず不安で仕方が無かったそうです。

ですが、たまたま友人が誘ってくれたヨガで人生が変わる事になりました。

最初のヨガのレッスンで精神的な充足感を感じる事ができ、ヨガを続けて行く決心をされました。

Jordanさんは自身がヨガで助けられた経験から、大学卒業後はヨガ講師として働き、ヨガの魅力を多くの人に伝えるために活動されています。

以下のリンクはJordan Youngerさんのブログ(英語です):

https://www.mindbodygreen.com/0-29086/how-i-used-yoga-to-heal-my-ibs.html

 

ヨガインストラクターになるという人生

Jordanさんの様に自分のためにヨガをやりつつ、ヨガインストラクターになるというのは魅力ある生き方です。

幸福な人とは自分の為だけでなく、他人への貢献をおしみません。逆に、貧しい人は人から搾取されない事、人から搾取する事しか考えていません。

自分のためだけに自分の人生を良くするのではなく、例えば、IBSで苦しんでいる人に貢献したいと思える人の方が結果的には幸福な人生が送れるのでは無いでしょうか。

ヨガインストラクターになるのは難しそうと思われるかもしれません。

ですが、その気があれば、大人になってからでもヨガインストラクターになる事は出来ます。

 

 

ヨガ教室には気軽に通えます

体験レッスンもあります

最近ではヨガ教室は主要な駅の近くにはだいたいあります。

また、体験レッスンもやっているため、ちょっと行って様子を知る事もできます。

ヨガと言えば、ピタッとしたヨガウエアを着てやるというイメージも多いですが、Tシャツにスウェットという人も多いです。体験であれば動きやすい服装であれば何でも構いません。

ヨガ教室をお探しなら、解剖学を理解した先生がおり、値段的にも他のヨガ教室より安価なYMCをお勧めします。

多くのヨガ教室は1カ月1万円以上しますが、YMCなら業界最安値の7500円です。また、キャンペーン時には更に安い価格で通えます。

体験レッスンも予約できるので、興味がある方は一度行ってみる事をお勧めします。


YMCヨガの体験レッスンについて確認される方はコチラ

終わりに

ヨガを続ける事が出来るか自信が無い方もいらっしゃると思います。

ですが、IBSでお悩みの方ならヨガを続けられると考えています。

IBSで無くてもヨガを楽しんでやっている人は多いです。

もし、IBSでお悩みの方なら、「IBSの対策という実益の要素」と「ヨガの楽しさという趣味の要素」があるため、他の人よりも続けられる可能性は高いです。

IBSというと普通はマイナスにしか捉えられませんが、逆境があってこそ人は本気で取り組むものです。

真摯な取り組みにより、望んだ生活が手に入ります事をお祈りしています。

 

もし男性でヨガをするのはちょっと…、と思われている方は以下の記事もご参考にどうぞ。

【理由は6つ】運動初心者の社会人男性に「ヨガ」がお勧め
ヨガは女性が行うものと思っていませんか?男性でもヨガを行う人が増えており、有名人ではイチローやスティーブ・ジョブズなどが挙げられます。趣味と実益を兼ねてヨガを

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

コメント