過敏性腸症候群(IBS)の改善にヨガがオススメ。治った人の紹介も

私は過敏性腸症候群(IBS)で苦労した経験があります。

腸に出る症状であるため、食べ物や乳酸菌に意識が行きがちですが、ヨガも過敏性腸症候群の改善に効果があります。

ヨガと言えば、ストレッチをして体を柔らかくするイメージが有りますが、元々は精神修養のために行われていた物です。

本記事にて、ヨガの効果と過敏性腸症候群にオススメな理由を説明させて頂きます。

スポンサーリンク

ヨガの特徴とリラックス効果

過敏性腸症候群の症状はストレスが強いと悪化します。このため、体をリラックスさせてストレスの影響を低減する事が重要です。

ヨガの特徴には
・深い呼吸を行いながらやる事
・ポーズ毎に体の色々な部位を緊張させる事
があります。

以下にヨガの特徴とストレスの関係について書きます。

ヨガで行う深い呼吸には自律神経を整える作用がある

過敏性腸症候群では、ストレスにより自律神経が乱れているため、腸に悪影響が出ています。

自律神経を意識でコントロールするのは困難ですが、呼吸を意識する事で自律神経を整えることが出来ます。

呼吸は意識でコントロール出来る

例えばなのですが、胃や腸に対して「動け」、「止まれ」と思ってもコントールは出来ませんが、肺は息を吸ったり吐いたりする事でコントロール出来ます。

呼吸のリズムは意識でコントロールできます。

しかし、腸や胃は無意識の部分でコントロールされていて、意識ではコントロール出来ません。

呼吸とは「チャネル」である

呼吸を荒くしたり、穏やかにすることで体の動きは変わり、間接的に腸や胃にも影響を与える事が出来ます。

このため、呼吸は「意識」と「無意識」をつなぐチャネルの効果があります。

このため、深い呼吸を行う事で、意識ではコントロールできない自律神経を整える事が出来ます。

動きに緊張と緩和があるので、体をリラックスさせられる

ヨガのポーズではポーズ毎に決まった筋肉を緊張させます。

緊張させるとリラックスするというのは変な話の様にも聞こえますが、一旦、緊張させた方が体を緩める事が出来ます。

身近な例では、ストレッチをすると体がほぐれた感じがしますが、ストレッチでは痛いと感じるくらい伸ばし(筋肉を張る=緊張)させます。

一度、体を緊張させることで、自分の気付いていない筋肉のハリを取る事が出来ます。

ちょっと脱線


日本では女性が行うイメージが強いですが、ストリートファイターのダルシムさんは男ですがヨガをやられていますよね?

海外では、ヨガは女性が行うものという偏見はありません。

脱線おわりです。

リラックスに効果がある体内物質を増やすことが出来る

ストレスケアに効果的な物質「GABA」

ボストン大学の研究では「ヨガには脳内のGABAの量を増やす効果がある」とされています(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3111147/)。

「GABA」は「ガンマ-アミノ酪酸」の事ですが、人間の体内で生成される物質で、GABAには神経の興奮を抑えてリラックスさせる作用があります

このため、ストレスケアに「GABA」が良いと聞いた事がある方も多いのでは無いでしょうか。

GABAはサプリメントで増やせない

ただし、「GABA」のサプリメントを摂取しても、体内のGABAの量が増えると結論付けられてはいません。

ですが、先の引用の通り「ヨガにはGABAを増やす効果がある」と結論付けられているため、リラックスに効果的であると言えます。

スポンサーリンク

家でも出来る

ヨガのDVDやオンライン講座もあり、やる気さえあれば自宅でもヨガに取り組むことが出来ます。

ヨガでは色々なポーズを取りますが、自宅なら”ガス漏れ”を気にせずに行う事が出来ます。

過敏性腸症候群だと外出するだけで抵抗があるのに、さらに体を動かしていたらガス漏れが気になってしまいますが、自宅でなら誰に気兼ねする事もありません。

ただ、誤ったポーズを行っていると、体に悪影響が出る場合もあるため、なるべく専門の先生の指導を受ける事をお勧めします。

速効性は無いので継続的な取り組みを

効果はあるが速効性は無い

薬物を摂取しない自然の力に頼るので、直ぐに効果が出るという物ではありません。

ですが、継続的な取り組みによりIBSが改善したと言う人はいます。

少しググれば多くの人がそうである事が分かります。(例、Jordan Youngerさんのブログ:https://www.mindbodygreen.com/0-29086/how-i-used-yoga-to-heal-my-ibs.html)

継続した取り組みが必要ですが、効果を上げている人もいます。

継続するのは難しくないですよ

過敏性腸症候群を治したいと本気で思われているなら、1日15分程度を続ける事なんてなんでもない事だと思いませんか?

それに、過敏性腸症候群が治らなくても、ヨガにはスタイルを良くする効果もあります。

試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする