奨学金の返済ってどんな感じ?月々いくら?いつからいつまで?

私は大学・大学院の頃に奨学金を借りていました。

借りている時には、返済のイメージがあまり出来ていなかったので、今回は奨学金の返済について書きます。

スポンサーリンク

いつから返す?

返還の開始は、卒業したその年の秋(10月)から開始です。

ただし、大学で奨学金を借りて、大学院に進学する場合は、手続きをすれば大学院の卒業まで待って貰えます。

返還について知るには「借りた金額の総額」の計算からです!

返還プランは良く分からなくても、月々いくら借りるかは分かりますよね?

次の式で、「借りた金額の総額」を計算出来ます。

「毎月の奨学金の金額」× 12か月 × 卒業までの年数 =「借りた金額の総額」

例)4年制の大学に通っていて、毎月51000円を借りている人は、

51000円 × 12か月 × 4年 = 244万8000円 になります。

スポンサーリンク

「借りた金額の総額」が分かれば「毎年の返済額」が分かります

借りた金額の総額が分かれば返還プランも分かります。

「毎年の返済額」は「借りた金額の総額」に応じて決まるからです。

無利子(1種)の場合

下の表で、「借りた金額の総額」に対応する「毎年の返済額」を確認して下さい。

例えば、244万8000円(無利子、大学4年間、月51000円)の場合、
「借りた金額の総額」は下の表の「230万1円~250万円」にあたるので、「毎年の返済額」は「15万円」になります。

(以下、「平成29年度(2017年度)返還のてびき」より)

借りた金額の総額 毎年の返済額 借りた金額の総額 毎年の返済額
~20万円以下 3万円 130万1円~150万円 11万円
20万1円~40万円 4万円 150万1円~170万円 12万円
40万1円~50万円 5万円 170万1円~190万円 13万円
50万1円~60万円 6万円 190万1円~210万円 14万円
60万1円~70万円 7万円 210万1円~230万円 15万円
70万1円~90万円 8万円 230万1円~250万円 16万円
90万1円~110万円 9万円 250万1円~340万円 17万円
110万1円~130万円 10万円 340万1円~ 総額の20分の1

有利子(2種)の場合

無利子の場合と同じく、「借りた金額の総額」に対応する「毎年の返済額」を確認した上で、利息分が毎年の返済額にプラスされます。

月5万円を借りて4年生大学に行っていた場合、利率3%(学生支援機構が決める上限の利息)で計算すると、利息として約60万円がプラスされます。

60万円を月々分割で返済するので、年間だと約4万円(月約3000円程度)がプラスになります。

毎月の返済額の計算

月々の返還額は「借りた金額の総額」が分かれば「毎年の返済額」が分かるので、次の式で「毎月の返済額」が分かります。

「毎年の返済額」÷ 12か月 = 「毎月の返済額」

毎年の返済額が15万円(無利子、大学4年間、月51000円)の人は、

15万円 ÷ 12か月 = 1万2500円 が毎月の返済額になります。

返還年数の計算

返還年数(返済し終わるのに何年かかるか)は、次の式で計算出来ます。

「借りた金額の総額」÷「毎年の返済額」=「返還年数」

例えば、244万8000円(無利子、大学4年間、月51000円)を借りている人は、毎年の返済額が15万円なので、

244万8000円 ÷ 15万円 = 16.32年 になります。

おわりに

大体の場合は、10~15年位で返還するプランになるようです。

長期的に返済していく事になるので、返済が始まるよりも先に、返済用の貯金を始めて置くことをお勧めします。

奨学金の繰り上げ返還をするための節約のご参考にどうぞ。↓

ご参考になりましたら幸いです。

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ