【30歳で貯金1000万が貯まる年収はいくら?】意外と低いです

30歳で1000万円の貯金がある女性のことを富女子(ふじょし)と呼ぶそうです。

それなら、30歳で1000万円の貯金がある男性は何というのでしょうか?

富男子(ふだんし)? 個人的には富太郎(プータロー)が良いのではないかと考えます。

そんな富女子or富太郎になるには、いったいどの位の年収があれば良いのでしょうか?

もっとも、私はもう30歳超えているので、今からでは富太郎にはなれませんが。。。

スポンサーリンク

30歳で1000万貯めるために必要な年収の算出方法

「一体どのくらい稼いでいれば、30歳で1000万円が貯まるのか?」という疑問に対してアプローチします。

もちろん、年収が同じでも、生活スタイル・消費傾向によって貯金額は変わって来ます。

そこで、逆に考えてみました。

平均的な生活を行った上で、余った金額を貯金すると考えます。

平均的な生活にいくら必要かが分かれば、次の式が出来ます。

(月給) ー(1か月の生活費)=(1か月の貯金額)

仮に、大学を卒業したら22歳から働き始めるので、30歳になるのは約8年後です。

大学院なら24歳から働き始めるので、30歳になるのは約6年後です。

(1か月の貯金額)を12倍して、年間の貯金額に換算し、そこに6or8(年)を掛けて、1000万円を超える様にすればいい訳です。

1か月の生活費の平均はいくらぐらい?

良いデータがありました。「平成26年全国消費実態調査」(総務省統計局)に下のデータがありました。

単身世帯の平成26年10月,11月の消費支出は1世帯当たり1か月平均169,545円であった。

独身者の場合、年齢により必要な生活費はそれ程変わらないため、約17万円が月々の一般的な生活費と仮定します。

スポンサーリンク

月収別の1か月の貯金額の目安

あとの面倒な計算は私がやります。

先ずは、生活費を17万円とした場合、月収(手取り)と月の貯金額は以下の様になります。

月収(手取り) 18万円 20万円 22万円 24万円 26万円 28万円 30万円 32万円
月の貯金額 1万円 3万円 5万円 7万円 9万円 11万円 13万円 15万円

ご自身の手取りと比較し、こんなに貯金出来ていないという人は、生活の見直しの余地があるかもしれませんね。

年収別の貯金額の目安

年収換算すると以下です。

年収の額面と手取りの関係は、人により変わるため、あくまで目安です。

月収(手取り)
18万円
20万円
22万円
24万円
26万円
28万円
30万円
32万円
年収(額面目安) 270万円 300万円 330万円 360万円 390万円 420万円 450万円 480万円
年収(手取り) 216万円 240万円 264万円 288万円 312万円 336万円 360万円 384万円
年間の貯金額 12万円 36万円 60万円 84万円 108万円 132万円 158万円 182万円
6年間での貯金額
 72万円 216万円 360万円 504万円 648万円
792万円 948万円 1092万円
8年間での貯金額
 96万円 288万円 480万円 672万円 864万円 1056万円 1264万円 1456万円

年収480万円でも、大きな贅沢をする事無く、6年間働いて貯金していけば、貯金額が1000万円を超えるのも夢ではないという結果になりました。

大きな買い物、結婚等しなかった場合なので、車を買ったり所帯を持たれた方はまた違ってきますね。

正直、700万、800万円くらい稼がないと30歳までに1000万円も貯金は出来ないと思っていましたが、実際に計算してみると500万円稼げば余裕です。

おわりに

年収別の貯金額を作成していて気が付いたのですが、
額面年収が360万円の人は8年間で「672万円」貯まる見込みで、
額面年収が420万円の人は8年間で「1056万円」貯まる見込みです。

360万円と420万円ではそれ程大きな差には感じませんが、貯金額で見るとかなり大きな差になります。

節約で生活費を低く抑え、年収のアップにも取り組み、月に5万円収入が増えれば、年間だと60万円、8年だと500万円弱にもなります。

出来ることからでも、やっていけば大きな結果を得られそうですね!

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ