シーグラス拾いに江の島に行きました!取れた量は?楽しい副業になる?

「海でタダで拾えるものがお金になる?」そんな上手い話があると聞きました。

海にある「シーグラス」という物を拾えばメルカリ等のフリマアプリで売れるそうです。

もし副業としてやる場合、時給換算するとどの位になるのか?実際に挑戦してみました!

スポンサーリンク

シーグラスとは?

割れたガラスの欠片が、海の砂等とこすり合わされていって、角が取れて丸くなったガラスの事です。

ただのガラスの破片ではなく、微細な傷で不透明で丸っこい感じになったもので、中々に綺麗な物です。

そのまま飾るのではなく、ハンドメイトによる装飾の材料等に使われる事が多いです。

シーグラスは↓こんな感じで使われます。

海でタダで拾えるのですが、ちゃんとしたシーグラスには値段がつくそうです。

シーグラスを拾うために気をつける事

シーグラスを拾いやすい条件というのがあります。

よく言われるのは↓のような条件です。

  • 漂着物の多い海岸
  • 海の荒れた後
  • 干潮の時

ベストな条件は、台風等が過ぎ去った後の、干潮で、漂着物の多い海岸という事になります。

また、海岸の漂着物には、以下の様な物もあるので注意です。

  • 尖ったガラス
  • クラゲ
  • 注射器等

スポンサーリンク

シーグラスを拾ってきました

ちょっとした観光を兼ねて江の島に拾いに行ってきました。実は私はボランティアで江の島の海岸ゴミ拾いを何度かやった事があります。

海岸ゴミ拾いの経験からどの辺りに漂着物が多いかは知っています。(まさかこんな所でボランティア経験が役に立つとは…)

海の荒れ具合はコントロール出来ないので、干潮の時に、漂着物の多い海岸に行ってきました。

(私が「モーゼの十戒」で有名なモーゼ様だったらシーグラス拾い放題なんですけどね。)

費やした労力

拾うのに使った労力は、大人2人で2時間です。

とれた量

とれたのは↓これだけです。

正直「全く取れないのではないか?」と心配していたので、収穫があって良かったです。

重量にすると100~150g程度です。

慣れている人や場所が良ければもっと取れると思います。

シーグラスの価格の相場・副業としてお勧め出来る?

重量ベースだと100gで300~500円程度が相場で、色の綺麗な物はもっと高値が付くそうです。特に赤色の物がレアで高値がつく様です。

重量は100gを超えているので、成果はざっくり見積もりだと500円位でしょうか。

2時間、大人2人の成果が500円なので、時給にすると125円です。

交通費がかかる事や、大人2人で2時間かけた事を考えると立派な「赤字」ですね。( ;∀;)

場所にもよるのかもしれませんが、副業としてはお勧めし難いです。

ただ、遊びだと思えばコスパは抜群に良いです!

感想

拾っていて思ったのは、シーグラスとして販売するには透明度が高すぎたり、角が残っていたりして売り物にならないガラスは結構ありました。

ガラスの破片が多い海岸って普通に危なく無いですか?

同行者に良い所を見せたかったので、そういったガラスも拾っておきました。

海のゴミは、町中で捨てたゴミが排水溝から流されて海に流れ着いた物も多いそうです。

タバコのフィルターなんかも海岸でよく見つけますが、町中で溝・排水路に捨てたタバコの吸い殻が海に漂着しているんだそうです。

終わりに:江の島でのシーグラス拾いはお勧めしない

江の島は江の島駅から徒歩で5分くらいで海岸に行けます。

神奈川も人口は多いですし、シーグラスを拾いに来る人は多いのではないでしょうか?

もう少し、人の少ない地域であれば、副業として成り立つのかもしれません。

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ