【簡単でネット定期預金より儲かる】なのに1割の人しかしない節約術

夏や冬にはネット銀行で高金利な定期預金のキャンペーンが開催されます。

毎年チェックして預けている人もいるのでは無いでしょうか?

ただ、それは本当に合理的なのでしょうか?

スポンサーリンク

面倒臭がって1割の人しかやっていない節約術

電力の自由化が始まり約2年程が経過しました。現状、自由化の手続きをされた方は約1割強だそうです。

節約効果は、独身の私の場合で年間9000円程度なので、家族でお住いの方は年間1万円は変わるはずです。

定期預金で年間9000円の利益を出すには、500万円位は預ける必要があります。

また、定期預金は株やFXに比べて確実に見えますが、ハッキング被害等の事を考えるとリスクはゼロではありません。

ガスや電力の自由化は本当に面倒臭いのか?

基本的にインターネットか電話で完結させる事が出来ます。

ネットで調べると大体の人が30分~1時間でオンラインの手続きを完了されています。

時給で換算すると9000円~1万8000円ですよ!?

普通にアルバイトする場合の10倍以上の時給です。

ネットで郵便番号と直近の電気・ガス料金を入力すると、お勧めの会社を教えてくれるサイトもあります。

スポンサーリンク

印象と実体は異なる

こんな問題をご存知でしょうか?

「今、地球の表面をぐるっと一周しているロープがあったとします。

このロープに別のロープを加えて、全ての場所で地表から1メートルの場所で固定したいと考えています。

加えるロープの長さは、次のうちどれが一番近いでしょうか?

A:3m  B:300m  C:30km  」

回答

正解は3.14mなので「A」が一番近いです。

雰囲気で答えると、地球は大きいので、加えるロープの長さも数kmくらいは必要な気がしてしまいます。

ただ、落ち着いて考えると「円周 = 直径 × 3.14」というのを習いましたよね?

直径が1m増えれば、演習はその3.14倍の3.14mだけ増えます。

30㎞のロープが欲しいなら業者に発注する必要がありますが、3m程度なら近所のホームセンターに行けば十分ですね。

フィーリングは結構間違えます。

最初の印象では「大変そうだ」と思っても、実際にやってみると意外と大したことなかったという物は多いです。

(読者の方で電力の自由化の対応をされた方、あなたは印象に惑わされずに、論理的に物事を進められるタイプの方だとお見受けします。今度、将棋しましょう。)

「電力自由化」は「定期預金」に比べて、聞きなれない言葉であるため、なんとなく難しそう、面倒臭そうと思い込んでしまっているのでは無いでしょうか。

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする