結婚後のお金・生活に良いイメージはありますか?不安に効く一冊を紹介!

『結婚するとお金も時間も自由がきかなくなる』と思っていませんか?

確かに結婚すると生活は大きく変わります。

慣れ親しんだ自分の生活を捨てる事に不安を覚える人も多いと思います。

私は現在独身ですが、ゆくゆくは結婚したいと考えている立場で、同じような不安を持っています。

本記事では、結婚に関する不安を解消する本と私がその本から学んだ事を紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

「結婚までに、やっておくべきお金のこと」

先日、結婚とお金に関するテーマの本を読んだので紹介させて頂きます。

著者の中村芳子さんは、初の日本人女性ファイナンシャルプランナーになられた方です。

本書の内容について

どんな事が書かれていたかさらっと紹介すると、

  • お金と結婚について良いイメージを持っている人、悪いイメージを持っている人の差
  • 結婚すると遊べなくなるという事は無い
  • 結婚すると自分の時間がなくなるという事は無い
  • 結婚後のお小遣いの目安
  • 専業主婦、共働き家庭の収入の差、年金の差
  • マンション購入の失敗パターン
  • 子育てとお金の話

等です。

お金についての制度的な勉強にもなります。例えば「年金」

年金について不勉強で知らなかったのですが「専業主婦か共働きかで、貰える年金額が全く異なります」

平均的な収入で考えると、共働きの夫婦は貰える年金が月額9万円程度、専業主婦の夫婦より多いです

年金額は減るのは確実ですが、無くなりはしないと言われています。

老後に備える事を考えるとやはり共働きが最強ですね。

手取り20万円の場合の、シングル・共働き・片働きの比較

東京でなんとか1人暮らしが出来る月給である20万円を例に、シングル・共働き・片働きでは、家賃、生活費、こづかい、貯金がどの様になるかという例も挙げられていました。

ポイントだけ書くと、共働きにすると生活費を圧縮できる分、1人あたりの小遣い・貯金は倍くらいになります。

逆に、片働きにすると、日々の生活レベルを下げても、小遣い・貯金は半分以下になります。

本書での一番の学び「0 or 1 思想にしない事」

参考になったアドバイス

著者のアドバイスとして特に参考になったのは

(以下、本書内の要約)

「結婚したら遊べなくなる、自分の時間が無くなると心配する人がいます。

全く遊べなくなる、全く自分の時間が無くなるという事はありません。

結婚した後でも工夫して時間を作ったり、遊び方を変える事で、自分の時間を持ったり、遊んだり出来ます。」

状況に応じて方法はいくらでもある

私は仕事をしながら資格を取得したりしていますが、計画通りに勉強時間がとれない事はよくあります。

そんな時でも少ない時間なりに取り組むようにしています。

例えば「文章題の1題を全部では無く、小問1つだけでも解こう」等の工夫をしています。

そういった時間の積み重ねで、合格率15%程度の資格を3つ程持っています。

物事を1か0で判断するのではなく、0.5や0.3で上手くやっていく方法を考えてみる事も大事だと考えています。

結婚したら自分の時間が無くなる、という心配に対しても工夫次第で時間は作れます。

  • 朝は早めに家を出て喫茶店に行く
  • 早めに仕事を終わらせて1人で寄り道する
  • 半休や休暇を取得してゆっくりする

遊び方だって工夫して人生を楽しむ事は出来ます。

何十年と生きていれば、環境、精神的、体力的な面でも色々と変わって来ます。

「環境を変えない事」に固執せず、「その場その場で工夫して楽しむという発想」を大事にすべきではないでしょうか?

もし「結婚したいけれども、不安があるから止めておこう」という考えなら、やってみた方が良いのではないかと考えます。

スポンサーリンク

人間の不安とは知らない物に対して生まれる

「結婚に関して不安がある」という人は「なんとなく不安」なのではないでしょうか?

「なんとなく不安」というのは自分から積極的に「知る」事で消えていくものです。

なんとなく結婚が不安という方は、少しお金を出して情報を得るだけでも変わってくるのではないかと考えます。

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ