電器屋・家電量販店の優待の正味利回りは?チケットショップでの買取を考慮

 

株主優待を目当てに株を買うのもいかがな物かと思いはしますが、家電量販店の優待は私もいくつか持っています。

2016年頃にビックカメラの配当+優待利回りが6%を超えていた時期に、エイヤ!で買ってしまいました。

ビックカメラ以外にもいくつか持っていますが、今後も保有していくか検討するために、電器屋・家電量販店系の優待について整理しました。

 

 

スポンサーリンク

家電量販店の優待

会社名優待の内容優待の金額
ビックカメラビックカメラ・コジマで使用可能な商品券1年目:3000円
2年目:4000円
3年目:5000円
日本BS放送ビックカメラ・コジマで使用可能な商品券1年目:2000円
2年目:3000円
コジマビックカメラ・コジマで使用可能な商品券1000円
ヤマダ電機ヤマダ電機・ベスト電器で使用可能な割引券
※1000円の買い物毎に500円の割引
1年目:3000円
2年目:5000円
3年目:5500円
ノジマ自社で使用可能な割引券
※買い物金額の10%割引、ただし割引上限額は1枚につき1000円
10000円+来店ポイント2000円
エディオン自社で使用可能な割引券
※1000円の買い物毎に250円の割引
3000円

 

ビックカメラの優待は1円から使える商品券ですが、ヤマダ電機・ノジマ・エディオンは一定金額毎に使える割引券です。

ヤワラ
ヤワラ

使い勝手の面ではビックカメラ、コジマ、日本BS放送の優待がオススメです。

因みにですが、ヨドバシカメラは非上場企業なので株を買う事はできません。(必然、株主優待もありません。)

 

 

家電量販店の優待のチケットショップでの買取価格は?

人気の高い優待について、以下にチケットショップでの買取価格(目安)を書きます。

会社名優待の買い取り価格(目安)
ビックカメラ額面金額の80~85%程度
ヤマダ電機額面金額の50~70%程度

ヤマダ電機は、1000円の買い物毎に500円の割引券を1枚使えるというシバリがあるせいか、ビックカメラの優待の方が高値で買い取られます。

出店戦略的にも、ビックカメラは駅近のお店が多いので行きやすいですが、ヤマダ電機は郊外店が多いので、普段ヤマダ電機に行かない人には使い勝手は良くありません。

 

 

優待を売却する事を考慮した 配当+優待利回り

※株価は2019/7/30の終値です。配当金は2018年度の額です。

会社名配当金優待の売却価値株価利回り
ビックカメラ2000円1年目:2550円
2年目:3400円
3年目:4250円
1092円4.2~5.7%
日本BS放送1900円1年目:1700円
2年目:2550円
1076円3.3~4.1%
ヤマダ電機1300円1年目:2100円
2年目:3500円
3年目:3850円
485円7.0~10.6%
ヤワラ
ヤワラ

ビックカメラの優待は人気ですが、2018年から2019年で株価は5万円程度下落しています。優待目当ての安易な購入は含み損に繋がります。

注意点としては、減配・優待廃止・変更のリスクがある事です。

下手なタイミングで買うと、含み損を優待で穴埋めして耐えていたのに、優待改悪でさらに株価下落し、含み損が拡大という事もあり得ます。

 

 

おわりに

ビックカメラもヤマダ電機も、家電・サプリ・食品・文具などが置いてあるので使い勝手は良いです。

ストイックな投資家の方には、配当は全て再投資という方もいます。

それで続けられれば良いのですが、私は”優待”というタクアン的な物が欲しかったので、ビックカメラもヤマダ電機も持っています。

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
スポンサーリンク
株主優待
yawaraをフォローする




エンジニア的うるおいライフ

コメント