H29年度春.午後2.問1.情報処理安全確保支援士の出題用語

H29年度春の情報処理安全確保支援士の午後2問題の問1より、セキュリティ・ネットワーク関連の用語を抜粋した。
(あまりに常識的すぎる用語は除いている)

※個人的な勉強を兼ねて作成した。誤りがあった場合、非常に申し訳ない。

スポンサーリンク

午後2 問1

プライベートCA

プライベート認証局のこと。(CA:Certificate Authorityの略) 社内、大学等の特定組織内で運用することを前提とした認証局である。公的な認証局とは異なるため、運用ルールを独自に設定できるという利点がある。

DNSサーバー

ドメイン名とIPアドレスの対応データを保管しており、
クライアント側からドメイン名に対応するIPアドレスは何かと問い合わせがあるので、
これに応える役割を持つ。

DNS問い合わせ

DNSのクライアント側からの問い合わせ。ドメイン名に対応するIPアドレスの問い合わせ。

DMZ

非武装地帯。ネットワークを内部ネットワークとDMZに分けておき、外部に公開する必要のある
サーバーをDMZに置くことで、公開しているサーバが乗っ取られた場合でも、ネットワークを
分けておくことで、内部ネットワークへの被害を防ぐことが出来る。
Webサーバーやメールサーバ等をDMZに置く場合が多い。

プロキシサーバー

内部ネットワークと外部ネットワークの境界にあるサーバーである。プロキシサーバーが間に挟まることで、主には以下のようなメリットがある。
・外部に内部ネットワークの情報(OS情報等)を公開することなく通信できる
・特定Webサイトをフィルタリングできる(セキュリティ上の危険があるサイト等へのアクセスを遮断出来る)
・プロキシのキャッシュ機能により、通信速度を向上できうる

DHCP

Dynamic Host Configuration Protocolの略。
ネットワークに接続している機器に動的にIPアドレスを割り当てるプロトコル。

CSIRT

Computer Security Incident Response Teamの略。
企業、団体の中に設けられる情報セキュリティの対策チーム。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする