やる気の出る映画『イエスマン yes は人生のパスワード』がお勧めな理由

スポンサーリンク

私が10回以上観た映画

大体の映画は1,2回しか観ないのですが、この作品「イエス・マン」に関しては10回以上も観ています。

いえ、映画作品というよりバイブル、そう言っても過言ではありません。

元気になりたい時にはこの映画

ジャンルとしてはコメディですが、ただ笑えるだけの映画では無いです。

物事に対してポジティブになりたいとき、意欲を引き出したいときに何度もこの映画を観てきました。

最初はレンタルで観たのですが、あまりにも気に入ったため、Amazonで購入してしまいました。

笑いと意欲だけでなく、財布から野口さんも引き出されてしまいました。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公は仕事にもプライベートにも「ノー」「嫌だ」「パス」と答える極めて後ろ向きの男です。

親友の婚約パーティーまですっぽかし、絶交宣言をされてしまいます。

考えを改める必要があると感じた主人公は、勇気を振り絞り、とあるセミナーに参加しました。

そこで、「今後は人生の全てのことに”イエス”と言う」誓いを立てさせられます。

何事も否定せず「イエス」を連発、偶然知り合った女性は、彼の積極的でユーモアのある人柄に惚れ込む。

人が変わったように運気をどんどん上げていく主人公。 だが全てが好転し始めたとき、思わぬどんでん返しが待っていました・・・?

100%フィクションではありません

この映画は完全にフィクションではなく、脚色はされていますが、本当に全ての事にYESって言ったらどうなるか?を試してみた人の実話をもとにしています。

爽やかな映画でもあります

主演はジムキャリーです。ジムキャリーと言えば、コメディ映画で勢いのある笑いを提供して下さる名優です。

彼のイメージと勢いよく「YES」と言っていく役柄が見事にマッチしています。

ジムキャリーが馬鹿正直に「YES」と言う真っ直ぐさ、映像も全体的に爽やかで、話のテンポも良く、見ていてスカッとした気持ちになれる映画です。

消極的になったり、考え過ぎて動けない時に


もやもやした気持ちの時にこの映画を観ると、自分も物事に積極的になろうと思わせてくれるので、何度もこの映画を観てしまっています。

悩んでいないで先ずはやってみよう、自分の心のの声をしっかり聞こう、前向きに人生を楽しもう!、そんなメッセージのある映画です。

人生を良くする原則は、「YES」と言う、そういったシンプルなことなのかもしれません。

おわりに

自己啓発本も読むことはありますが、この映画を観た方がやる気が出ます。

座右の書という言葉がありますが、私にとっては座右の映画です。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする