応用情報に受かる気がしない?合格率を分析すると実は難しくないと判明

「応用情報に受かる気かしない…」と思いませんか?

私もそう思っていました。

理由は以下です。

  • 範囲が広い
  • しかも浅く広くではなく、一問一問が手強い
  • 午後の選択での運/不運が心配

確かに各問題に「正解」するは難しいです。ですが「合格」するのは実はそれ程難しい事ではありません。

本記事では、応用情報は簡単ではないけれど、困難ではない、という理由と対処方法を書かせて頂きます。

スポンサーリンク

合格率は20%程度

平成27年春の合格率は約20%でした。(だいたい毎年同じ位の合格率です。)

この時点で、「やっぱり難しいじゃん!」と思いましたか?

もうちょっとだけお付き合い下さい。

合格率を分析すると分かる事

午前・午後の各試験の合格率、全体での合格率は以下表の通りです。

区分 受験者数(人) 合格者数(人) 各区分の
合格率(%)
午前試験 30137 12495 41.5
午後試験 12495 5969 47.8
全体 30137 5969 19.8

上の表から分かる事は下の3つです。

  1. 試験の合格率は約20%(19.8%)
  2. 午前試験を通過したのは約42%(41.5%)
  3. 午後試験を合格出来たのは約48%(47.8%)

※応用情報は午前で6割未満の点数だとその時点で不合格となり、午後試験の受験者としてはカウントされません。

つまり、午前試験で約半数が不合格になり、午後試験でそこから約半数が不合格になります。

逆に言うと、午前試験を通過すれば約50%の確率で合格出来ると言えます!

スポンサーリンク

午前試験はほぼ確実に通過出来る方法があります!

応用情報の参考書は、厚さが4cm程度ある分厚い本です。

これを最初から最後まで真面目にやると、気持ちが折れて「受かる気がしない」となると思います。

私がお勧めする方法は「参考書を読む」&「過去問演習」です。

参考書は「読むだけ」にしてノートにまとめたり、重要な箇所にアンダーラインを引く等の作業はしませんでした。理由は、そんな時間があったら過去問を解いた方が効果的だからです。

午前問題に関しては、過去問から7割程度転用されます。このため、過去4年分程度を2,3回通りやればほぼ合格出来ます。

テストが苦手な人でも、過去問を覚えて、しかも4択試験なら、ほぼほぼ通過します。

午後試験を勉強せずに挑む不届き者も多い

午後試験は午前試験の様な明確な攻略法はありません。テキストを読んで理解を深めつつ、過去問で確認する位な物です。

「目標設定理論」というのをご存知でしょうか? 方法やする事が明確になっている目標の方が人は高いパフォーマンスを発揮する、という心理学的な法則です。

午前試験は「過去問を覚えれば良い」と明確な目標がありますが、午後は過去問からの転用では無いので、明確な目標を設定する事が出来ません。

このため、午後試験は勉強のモチベーションを保つのが難しいです。

私が午後試験で友人にアドバイスした事

私の友人が応用情報を受ける一週間前に「午後試験は何も対策出来ていない」と相談されました。

私がアドバイスした事は以下です。

  • 午前を勉強すれば午後は合格出来る、というのは誤りでは無いが、正しくも無い
  • 一週間あれば2回分程度は解けるので今からでも解いた方が良い

たったこれだけのアドバイスですが、友人は合格しました。(運と実力もあったと思います。)

勉強せずに午後を受ける人も多いので、少し対策するだけでも合格の確率を50%から上げる事が出来ます。

終わりに

もしかして「対策や、実質的な難易度は分かったけれど、そもそもやる気が出ない」と思っていませんか?

そんな方には以下の記事をお勧めします。


以上です、皆様のご武運を!

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ