現役SEがデータ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」をレビューします!

パソコンで作業をしていたらうっかりデータを削除してしまった、という事は無いでしょうか。

そうした場合、データ復元ソフトを使えば、消してしまったデータを元に戻す事ができる場合があります。

先日、EaseUS Softwareさんから、データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」のレビュー依頼があったので、本記事にて以下について書かせて頂きます。

  • データ復元ソフトとはどんな物か
  • EaseUS Data Recovery Wizardのレビュー

 

スポンサーリンク

データ復元ソフトとは?

ファイルを削除しても本当は消えていない?

普通、パソコンでファイルを消す時には、ファイルをごみ箱にいれてから、ごみ箱を空にすると操作しますよね。

でも、これだけだとデータは完全には消えていません。

パソコンの内部でデータはざっくりと2種類あります。

  • 文書や画像などのデータそのもの
  • データの場所を指し示すアドレス帳データ

ごみ箱で削除するのはこのアドレス帳データだけで、データそのものは残っています。

データそのものを削除するには、フォーマットをしたり、新しく別のデータを書き込む等の対応が必要です。

因みに、新しくデータを書き込んでも、元々データがあった領域に上書きされるかは不明であり、空き領域全てを使い切る程度のデータで上書きしないと確実ではありません。

 

データ復元ソフトでできない事

データ復元ソフトというと、何でも復元できるソフトと誤解される事があります。

ただし、以下の様な事は出来ません

  • 編集したファイルを元に戻す
  • 元々データがあった領域にデータが上書きされたデータを元に戻す

文書ファイル等の内容を編集して、ファイル復元ソフトで編集前の状態に戻す事は出来ません。

 

PCに詳しい人程やりがちな「うっかり削除」

私もPCで作業している時にうっかりデータを削除してしまった事があります。

SEなどPC操作に詳しい人は、カーソルキーでフォルダを移動しているのではないでしょうか。

例えば、エクスプローラ(フォルダ)を表示して、カーソルキーの「↓」もしくは「↑」を押すと下の画面の様にフォルダの中の1番上に表示されているファイルかフォルダが選択されます。

 

この状態からさらにカーソルキーの「↓」「↑」を使って選択対象を変えます。今回は「サンプル2」のフォルダを選択します。

 

この状態でEnterキーを押すと選択しているフォルダかファイルが開きます。

 

この時、ついうっかりEnterキーとDeleteキーを押し間違える事があります。

誤ってDeleteキーを押すと、フォルダやファイルが消えてしまいます。

ctrl + z キーで元に戻る事もありますが、それで復旧できない場合はデータ復元ソフトに頼る事になります。

 

 

データ復旧ソフトを実際に使ってみました

EaseUS Data Recovery Wizard について

今回、レビュー依頼のあったソフトは「EaseUS Data Recovery Wizard」というソフトウエアです。

PC操作に詳しい人ならVectorや窓の杜というソフトウエアのダンロードサイトをご存知だと思います。

そのVecotrでは毎年ユーザー投票により、有用なソフトウエアを選ぶ企画があり、EaseUS Data Recovery Wizard は3回もVectorプロレジ大賞を獲得しています。

Vectorや窓の杜では、ソフトウエアの登録をする際にセキュリティ面でのチェックを複数のソフトウエアで実施しているので、セキュリティ面での信頼性も高いです。

ソフトウエアには無料版と有料版があります。

無料版では500MBまでしかファイルを復元できないという制約がありますが、SNSで製品情報をシェアすると2Gbyteまで復元する事ができます。

 

復元に使ったデータ

Webからフリー素材の画像をダウンロードして以下の様なフォルダで格納しました。

格納した「写真」フォルダごと削除して復元できるか確認してみます。

 

復旧ソフトのインストール

因みにですが、今回は復旧対象のデータがUSBドライブだったので、復旧ソフトはPCのハードディスクに直接インストールしました。

復旧したいデータが格納してあるハードディスクに復元ソフトをインストールすると、復元ソフトのデータが復旧したいデータを上書きする可能性があるので注意して下さい。

その様な時には、ソフトをUSBにインストールするなどの方法がお勧めです。

インストール自体は特に難しい事はありません。

以下の公式サイトからダウンロードできます。

EaseUS®データ復元フリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、ファイルやフォルダを無料に復元してくれるデータ復旧フリーソフトです。HDD、外付けHDD、USBメモリ、メモリカードなど、すべての記憶装置からデータを迅速で安全に復元できます。

 

以下にダウンロードした後のインストール手順の例も書いておきます。

インストール言語は日本語が選択できるので、勿論日本語でやります。

以下の画面は「次へ」を押します。

使用許諾契約書の同意を求められるので「同意」します。

インストール先の指定です。この時、復元対象のドライブ以外を選択して下さい。

ショートカット名の名前なので、デフォルトのままが分かり易くて良いです。そのまま「次へ」を押します。

デスクトップ上やクイック起動のアイコンの作成はお好みでどうぞ。後から消す事も出来るので深く考える必要は無いです。「インストール」を押します。

インストール先等を確認し、「インストール」を押します。

「完了」を押して、インストール完了です。

 

復元手順

インストールしたので復元作業に入ります。

 

画面右下の「フォルダ選択」ボタンを押して、削除してしまったフォルダがあった場所を選択します。

 

今回削除した「写真」というフォルダは、「テスト_リカバリ」というフォルダの中にあった物なので、「テスト_リカバリ」というフォルダを選択します。

復元場所を選択すると、元の画面に戻るので、画面右下の「スキャン」ボタンを押します。

少し待つと、復元候補が表示されます。

復元候補を詳しく見ると、フォルダ名も復元できそうです。

画面上部の「復元候補」を押すと、復元候補のファイルの一覧を確認できます。

上の画面で、「リカバリー」ボタンを押すと、リカバリーが開始されます。

 

復元した結果

復元結果を確認した所、ちゃんと「写真」フォルダが復元され、その中に画像データもちゃんと復元されていました。

ファイル復元ソフトでは、ファイルその物は復元できても、ファイル名が変わったり、フォルダまでは復元してくれない場合があります。

条件にもよるとは思いますが、EaseUS Data Recovery Wizardはフォルダ名も復元してくれたため、高性能な復元ソフトだと言えます。

 

ファイルが破損していないかチェック

ファイル比較ソフトの Winmerge を使用してバックアップしておいた復元前データと復元後のデータに差が無いか確認しました。

狙いとしては、ファイルの中身で一部でも復元に失敗して復元前から変わってしまっている部分が無いかを確認するためです。

Winmerge は、ファイルの中身のデータも全て比較してくれます。Winmergeもお勧めなソフトの1つです。

以下、比較結果のキャプチャです。

確認した結果、完全に一致していました。

 

まとめ

EaseUS Data Recovery Wizard を使用した結果は以下です。

  • ファイルその物の復元ができた
  • ディレクトリ構成(フォルダ構成)も復元できた
  • ファイル名も復元できた

 

無料版はデータ復元の総容量が500MBまでで、1ファイル500MBまでではない事に注意して下さい。

大量のファイルを復旧した場合、元のファイル名から変わってしまっていると探しにくいという問題があります。

条件もあるのでしょうが、今回の実験ではフォルダ構成も復元できたので、大量のファイルを扱う人にもお勧めできます。

データをうっかり削除した際に、本記事をご参考にして頂ければ幸いです。

EaseUS®データ復元フリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、ファイルやフォルダを無料に復元してくれるデータ復旧フリーソフトです。HDD、外付けHDD、USBメモリ、メモリカードなど、すべての記憶装置からデータを迅速で安全に復元できます。

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

コメント