三菱UFJリースが投資対象として妥当かを検討する

私が持っている株の中でトップクラスの地味株がここ最近上昇中である(本日(2018/2/5)は下がったが)。リース関連企業の「三菱UFJリース」である。

私はこういった地味銘柄を観るのが好きだ。女性に対しても、パッと目を引く容姿より、堅実な感じのする女性の方が好きです。

私の女性に向けた好感度アップをした所で、三菱UFJリースという企業が投資対象として妥当かを検討したい。

スポンサーリンク

企業概要

三菱UFJリースは名前の通り、三菱東京UFJ銀行を親会社にもつリース企業である。
BtoBの企業であり、認知度の低い(?)地味株である。以下に2018年1月26日の終値時点の情報をまとめる。(一応、会社の名誉のために言っておくと、平均年収は約780万円と中々の額である。優良企業である。)

市場 東証一部
株価 746円
1株配当 15.00円
配当利回り 2.01%
PER 12.40
PBR 0.98
特色 三菱UFJグループ、リース首位級、海外展開加速
株主優待 なし

購入検討のプラス要因

購入検討のプラス要因を紹介させて頂く。

18期連続増配

1999年から毎年配当金が増えており、リーマンショックの時ですら増配している。これだけ連続で増配している企業は日本では中々無い。株主重視の企業と考えられる。

PER、PBRが割安

株の割安度を表す指数のPER,PBRが共に割安である。PBRについては1を下回っている。

リース系自体が割安分野であるが、PBRが1を下回っている企業は少ない。(PBRが1以下ということは、会社が解散した場合、解散時に株主に割り当てられる会社の資本が、株価を上回るということである。)

海外展開に積極的

ここは私の勝手な思惑なので、話半分で聞いて欲しい。日本は今後、人口減少していき、売り上げの拡大のためには海外展開が必須である。海外展開をする場合、海外にも支社・拠点を持つことが多い。

海外で拠点を持つには、当然、現地でオフィスを用意する必要がある。現地でオフィスを借りるために、現地の企業と契約する必要がある。しかし、海外の会社はかなり契約にシビアである。日本よりもかなり分厚い契約書で、細密な契約項目をが記載されている。

この点に疎い日本企業は、海外企業との契約に苦労する。であるなら、海外展開するときに日本の企業にオフィスの準備をしてもらえるとどうか?

日本の企業は失敗した時の説明のしやすさを求める。具体的には、実績のあるX社や、業界大手のY社を選定したのに失敗したら仕方が無いという言い訳である。

このため以下の点で、海外展開する企業が三菱UFJリースを頼るのではないか?

・日本の企業である点(日本語、日本の文化を期待できる)
・日本のリース企業の首位級(実績あり、大手)
・三菱UFJグループである点(ネームバリューがある。親会社がメガバンクであり、資金繰りに困る可能性が低い。)

もう一度言うが↑は話半分で聞いて欲しい。(誰か海外にオフィスを持ったことがある方、教えてください。)

マイナス要因

現在かなりの高値圏である。
2010年~2013年は300~400円程度、
2013年~2017年は500~600円程度で前後して来た。
ここ最近は700円以上であるため、10年チャートで確認すると高値圏である。

ただし、高値と言ってもPBRは1以下であり、指標的には割安である。

まとめ

・指標的には割安
・今後も継続的な増配が期待できる
・チャート的には高値圏
・海外展開に積極的で長期的には◎
・私は堅実な女性が好き

今後もウォッチを続けて、下がるタイミング(700円以下程度か?)があれば買い増しを検討したい。

持ち株の売りは検討していない。連続増配企業を売るわけがない。

株式投資は自己責任でお願いします。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする