連続増配銘柄のROE・ROAを比較しました!連続増配株におらワクワクすっぞ!

雑誌などで時々「連続増配銘柄XX選!」といった特集が組まれます。

ただし、「連続増配の中からどの銘柄を買うべきか良く分からない!」と思ってしまいます。

連続増配銘柄の中には、「リース」や「不動産」といった銘柄も多いです。

正直、不動産関係は人口減少が進んでいく日本では微妙だと思っています。

そこで、本記事では、10年以上の連続増配の企業の中から、配当利回り上位20社について業種とROA・ROEを比較しました。

スポンサーリンク

前置き:なぜROA・ROEを比較するのか?

以前に当ブログでも書かせ頂きましたが、バフェット氏が投資先を吟味する際の1つが「経済的な堀」の有無です。

経済的な堀とは、他の企業にはない優位性などの事で、他の企業から自社の利益を守ってくれる堀となる物の事です。(詳しくは下の記事をどうぞ)


経済的な堀があるか否かを探すために、片っ端から企業を調べていたのではあまりにも時間がかかってしまいます。

そこで、ROAやROEを使います。

ROAやROEは、会社の経営で、利益を上げるためにどの程度の資金を使ったかを表します。

経済的な堀があれば、少ない元手でより多くの利益を得られるため、ROAやROEは高くなります。

こうして、ROA・ROEでスクリーニングした後に、個々の会社を分析する事で、効率的に「経済的な堀」のある企業を見つける事が出来ます。

連続増配企業のROA・ROEの比較

「10年以上の連続増配がある中でも高配当な物」について調べました。

※2018/10/22終値での情報です。

明光ネットワークは連続増配が途絶えたので取り消し線を入れています。

企業名 連続増配年数 配当利回り 事業 ROA ROE
みらかHD 12 4.46% 臨床検査事業 0.13% 0.20%
KDDI 16 3.37% 情報通信 8.92% 15.63%
NECネッツエスアイ 11 3.21% 情報通信 5.4% 7.6%
三菱UFJリース 19 3.10% リース 1.2% 9.3%
明光ネットワーク 19 3.00% 塾・教育 3.44% 4.58%
沖縄セルラー 16 2.95% 情報通信 9.90% 12.05%
SPK 20 2.85% 自動車部品 5.66% 8.36%
高速 14 2.60% 食品包装 4.74% 8.74%
科研製薬 16 2.53% 製薬会社 13.25% 17.59%
興銀リース 15 2.53% リース 0.76% 9.56%
しまむら 17 2.49% 衣料 7.65% 8.68%
USS 20 2.44% 自動車オークション 11.57% 14.77%
芙蓉リース 16 2.41% リース 0.93% 9.20%
リコーリース 18 2.32% リース 1.20% 7.06%
プラネット 16 2.15% IT関連サービス 10.57% 12.98%
栗田工業 14 1.92% 水処理 5.75% 7.67%
東京センチュリー 16 1.91% リース 1.40% 13.67%
カカクコム 12 1.68% IT関連サービス 36.98% 45.79%
イオンディライト 13 1.68% ビルメンテナンス 7.21% 11.05%
シークス 11 1.67% 電子・機械商社 5.91% 13.06%

スポンサーリンク

比較結果からの所感

ROA・ROEで特に目を惹いたのが下の4つです。

  • 科研製薬
  • USS
  • プラネット
  • カカクコム

もしかしたら、同業他社に対して何らかの優位性を持っているのではないかと類推出来ます。

抜群にROA・ROEが高いのが「カカクコム」ですね。

「最安値を探す=カカクコム」というイメージが出来ており、これに競合する企業は中々出てこないでしょう。

ただし、投資先とするには今更感もあるため、悩み所です。

USSは「中古車オークション」の会社ですが、私く、車には全く興味が無く、正しく分析する自信がありません。

消費税の増税とかで、新車を買う人が減る分、中古車業界が伸びて来るでしょうか?

銘柄のウォッチだけしておこうと思います。

投資は自己責任でお願いします!

以上

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ