【男性向け】Apple Watchのおすすめの色はブラックである理由4つ

私はAppleWatchを購入するときに、色をどうするかでもの凄く悩みました。

AppleWatchは高価な物なので、買った後に後悔するのは絶対に避けたかったです。

悩んだ理由は、スマートウォッチを買うのは初めてだったので、どういった事を考えて選ぶかの判断基準が分からなくて困ったというのもあります。

色々と分析し、理屈として黒・ブラック(スペースグレイ)が良いという結論に達しました。

結果、購入後1年以上経ちますが、後悔する事無くApple Watchを身に付ける事ができています。

次にApple Watchを買い替える時にも黒を買うつもりです。

本記事では、これからApple Watchを買おうと思っている方に向けて、何故黒が良いと考えるのか、その理由を説明させて頂きます。

 

スポンサーリンク

ビジネスでの使用を想定するなら黒がおすすめ

基本的にビジネスシーンではスポーティー過ぎるデジタル時計は好まれないとされています。

男性は仕事でスーツを着る機会もおおいと思います。

スーツにデジタル時計を合わせる人はごく少数で、多くの人はアナログ時計を付けているのではないでしょうか。

ただし、最近はスマートウォッチも市民権を得てきています。ビジネスシーンで、つながりの薄い人との会話のきっかけとして、スマートウォッチは話のネタにもなります。

もし、スーツに合わせるなら、目立たない落ち着いた色にするのが無難です。

やはり通常の腕時計に比べるとスポーティーな印象であるため、フォーマルな場面でも使いたいと考えるなら、目立たない黒系統のカラーがおすすめです。

 

 

ブラックのレザーベルトとの合わせが渋いので黒がおすすめ

黒×黒は素材感を変えて組み合わせると渋みのある印象になります。

逆に、チタン×アルミなど、同じ系統の素材で色味の違う黒を組み合わせると、微妙な印象になります。

個人的な感覚ではありますが、こうしたハイテク機器は、革などの自然物と相性が良いと感じます。

バイクや車などでも黒の金属に黒のレザーを合わせた物を見かけますが、男らしい感じがして格好良いです。

Apple Watch自体はユニセックスのデザインですが、色とバンドを工夫することで、男性らしい印象にする事ができます。

因みにですが、私が購入したバンドは以下です。

※38ミリ用とありますが、第3世代までの38ミリが第4世代以降の40ミリに相当します。
 

ディスプレイの縁と考えると黒がおすすめ

Apple Watchを時計というより、小さなディスプレイと考えると、フレームが黒の様なシックな色だと表示する画像を引き立ててくれます。

Apple Watchのディスプレイは解像度が高く、小さい画面ながらも写真等を鑑賞する事ができます。

私が好きなのは、背景画面にタイムラプスという、時間によって変化する風景画像です。

私は背景画像に山と湖を表示させて時々眺めています。左側が朝、右側が夜で、実際の時刻に合わせて時々刻々と変化していきます。

背景画像を自然の景色にしている理由は、心理学の実験で、緑の多い公園の写真を見ると集中力がアップしたという事からです。

場所によっては、グリーンを鑑賞できない所もありますが、Apple Watchを付けていればどこに居ても直ぐに、自然の風景を見る事ができます。

解像度が高いので、風景写真も非常に綺麗に表示してくれます。また、タイムラプスの様に、画像が変化していくものは見ていて飽きないです。

 

デフォルトの組み合わせでも一番無難に格好良く見える

Apple Watchは本体とバンド1つがセットで販売されていますが、一番無難なのが、本体とベルトの両方ともブラックの組み合わせです。

他のスマートウォッチのブランドでも黒で統一したモデルはテッパンで出ており、他ブランドのデザイナーも黒の本体に黒のバンドの色合わせを最も使いやすいカラーと認識しているようです。

迷ったら黒にしておくと、後悔はありません。

 

 

本体にケースは必要?

結論から書くと、本体を保護するケースはおすすめしません。

私も色々試しましたが、ガラス面保護のフィルムだけ使っています。

以下、保護ケースを使った際のデメリットです。

フルカバータイプのデメリット

  • 透明なビニールっぽい素材で安っぽい印象
  • タッチの感触が悪くなり使い難くなる
  • 裏側の隙間に水やゴミが溜まり本体を痛める

 

本体のサイドだけを保護してくれるケースのデメリット

  • ガラス面の保護シールと干渉し、シールの端が浮き上がってしまう
  • 裏側の隙間に水やゴミが溜まり本体を痛めてしまう
  • ハードケースの場合は、ものによっては着脱の際に本体を痛めてしまう場合がある

 

購入したガラス面の保護シール

保護ケースのデメリットから、ケースのサイドに傷がつくのは諦め、ガラス面だけでも保護するようにしました。(1年以上使っていますが、普通に使っていればケースのサイドに傷はそうそうつくものではないです。)

使っているのはエレコムのフィルムです。

つけているのが分からないくらい自然な感じに貼れました。2枚入りなのも有難いです。

Apple Watchは端がカーブしているので、シワになったり浮いたりしないか心配だったのですが、簡単に綺麗にはれました。

また、最初はシールと本体の間に気泡が入ってしまいましたが、一晩経つと勝手に気泡が消えていました。

 

まとめ

アップルウォッチの色選びで迷ったら男性には断然ブラックがおすすめです!

その理由は以下です。

  • ビジネスでの使用を想定するなら黒がおすすめ
  • ブラックのレザーベルトとの合わせが渋いので黒がおすすめ
  • ディスプレイの縁と考えると黒がおすすめ
  • デフォルトの組み合わせでも一番無難に格好良く見える

 

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

コメント