Apple Watchは必要ない?2年以上使った感想・お勧めの使い方・背景を紹介!

 

私は2年前にApple Watchを買いましたが、正直なところ、買った直後はコスパで考えると微妙かもしれない、と思っていました。

というのも、Apple Watchでできることは大体はiPhoneでもできてしまうので、わざわざApple Watchを買う必要ある?と。

それでも気が付けば2年使っており、劇的に便利ではないけれど、地味に便利だと感じています。

今後、購入される方のご参考までに、私が2年使った感想Apple Watchを手放さない理由を書かせて頂きます。

 

スポンサーリンク

買うと後悔する?多分、次もApple  Watchを買います!

買った直後はコスパ的に微妙かなとは思っていたのですが、使ってると地味に便利、地味に楽しいと思うようになり、3年周期くらいで新しいモデルを買おうと思っています。

最近は電車に乗ると、Apple Watchをつけている人も多く、普通に普及している様です。

 

 

音声でタスク管理ができるのが地味に便利

機能として便利に感じるのが、音声でスケジュールを登録できることです。

Apple WatchからSiriを呼び出して、「4時間後に、コンビニで切手を買ってくる予定を追加」等と話しかけると、スケジュールに予定を追加できます。

 

後でアレをやろうと思っていたけど、そのまま忘れてしまったというのを防げたり、ちょっとしたボイスメモの代わりにもなります。

 

 

座りっぱなしの予防ができるのは地味に有難い

米インディアナ大学の研究で、座りっぱなしの状態が続くと動脈の機能障害を誘発するが、1時間に5分程度でも散歩するとそれを予防できるという報告があります。

 

パソコン作業などをしていると、キリの良い所までやったら休憩と思いつつ、2,3時間ずっと座りっぱなしだったという事がしばしばあります。

Apple Watchは1時間座りっぱなしだと、スタンドの通知(そろそろ立ちましょうという通知)をする機能があります。

実際にApple Watchを使っていて思うのは、このスタンドの通知が思っていた以上に頻繁に来るということです。

 

仕事で1時間以上座りっぱなし、テレビを観て1時間以上座りっぱなしといったことは結構あるようです。

自覚をしていないだけで、実際には座りっぱなしでいることは結構多いようで、健康リスクを抑えるのに役立ってくれています。

 

 

 

運動する時に使える

私は習慣として、踏み台昇降をしながら読書をするということをしています。

この時に、自分が何分運動したか、消費カロリーはどのくらいだったかというのをチェックするのにApple Watchを使っています。

ちょっとお腹周りが気になる等の理由で、消費カロリーを意識したい人にも役立つと思います。

 

余談ですが、仕事関係の技術書も、何故か踏み台昇降をしながらだと継続して読んでいられるので、読書がはかどらない人にはお勧めです。

 

 

カスタマイズで飽きがこない・おすすめの背景の紹介!

私がApple Watchを好きな理由が、動く文字盤が綺麗だからです。

特に、クラゲの背景が好きで、よく観てしまっています。

 

Apple Watchのこのクラゲの動画は、Appleが気合いを入れて作った物で、ハイスピードカメラを使い300フレーム/秒で撮ったという高精細な動画です。

クラゲをぼーっと見ているとなんとなく癒される気がするので、なんとなく観てしまっています。

 

他にも、Clockologyというアプリを使うと、Apple Watchの文字盤をカスタマイズすることができます。(Clockologyは無料のアプリです。)

簡単に某ブランドウォッチ風にカスタマイズできるので楽しいです。

 

腕時計はファッションアイテムでもあるため、文字盤をカスタマイズできるというは、大きなメリットであると感じています。

AppleWatchは安価なモデルだと3万円程度であり、腕時計として考えると3万円のものは大人がつけるには手軽に購入できる部類になると考えています。

 

 

Apple Watchに関してはこちらの記事もご参考にどうぞ。

【男性向け】Apple Watchのおすすめの色はブラックである理由4つ
私はAppleWatchを購入するときに、色をどうするかでもの凄く悩みました。 AppleWatchは高価な物なので、買った後に後悔するのは絶対に避けたかったです。 悩んだ理由は、スマートウォッチを買うのは初めてだったの...

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

コメント