朝食をプロテインとドリンクゼリーにして1年経った感想

サラリーマン&トレーニーの皆さん、朝食はどうされているだろうか?

私は、トレーニング開始後1年ほど経ってから朝食をプロテインとドリンクゼリーに変更した。

スポンサーリンク

なぜプロテイン&ドリンクゼリーにしたか

私はあまり胃腸が強い方ではない。ハードゲイナーと呼ばれるタイプで、脂肪も筋肉もつきにくい体質である。

正直、起床直後に食事を食べるのはキツイときがある。

それでも、朝食は取った方が良いと盛んに言われるので、ちょっと無理してでも食べていた。

パンを食べることが多かったが、これをプロテインとドリンクゼリーという胃にほとんど負担がかからないものに変えてみた。

筋トレをたしなむ者としてタンパク質を摂取し、あとは腹の足しにドリンクゼリーでも飲むかという所だ。

変えたことでどんな変化があったかを以下にまとめる。

変化① 体脂肪率が減った

体脂肪を落とすためにボクササイズの様な物も頑張ったが全然落ちなかった。それが食事を変えただけでアッサリ落ちた。

前は菓子パンのようなパンを食べていたのでそれを辞めたことによる効果も大きいのだろうと思う。

また、プロテインもドリンクゼリーも脂肪分が少ない。昼と夜は普通の食事をしているので、脂質も普通には摂取している。

元々、日本人の食事は炭水化物と脂肪が多く、タンパク質が少ない。一食くらい、脂肪を抑えてタンパク質を増やすことを考えるくらいで丁度よい位になる。

特に食事制限をしたつもりは無いが、1年で体脂肪率20%が13%まで下がった。

体脂肪率20%位で腹の肉が気になってくる。ベルトに腹の脂肪が乗る気がしてくる。正直、中年の危機を回避することが出来てホッとしている。

スポンサーリンク

変化② お昼にお腹がすく

プロテインもドリンクゼリーもほとんどが水分であるため、腹持ちは良くない。

しかし、お昼に普通にお腹がすくので、昼食をおいしく頂くことが出来る。

野生動物を思い浮かべて欲しいが、朝起きていきなり食事をしているだろうか?

朝起きて寝ぼけた状態で朝食を食べ始めるのは人間くらいなものだろう。

変化③ 時短になった

基本的に1,2分あればドリンクゼリーもプロテインも飲んでしまえる。

例え食欲のない朝でもちゃちゃっと食事を済ませることが出来る。

以前は朝食に30分程かけていたので、20分程は余計に寝られるようになった。(残業が多いので、睡眠時間が増えるのはかなり嬉しい)

終わりに

若干不健康そうな気もする食事だが、今の所は特に問題ない。今後も朝プロテインを続けて行く考えだ。

私が朝食に飲んでいるのはヘンププロテインという麻を使った植物性のプロテインである。

詳細は以下↓

ヘンププロテインのメリット5つ

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sora より:

    こんばんは
    ブログ続いてますね(^▽^)/さすがです。

    ちなみに私は平日は10年近く朝食食べてません。笑
    慣れたら全然それが普通になってましたね、体にはよくないかもしれませんが

    • yawara yawara より:

      コメント有難うございます。
      今週は毎日更新しましたが、結構きついですね。これを続けられたsoraさんは流石だと思います。

      タイトルは忘れてしまったのですが、依然読んだ本に「お腹がすいてないのに食事する必要は無い」と言われているお医者さんがいました。