筋トレをしながら株式投資している人は要注意!投資の心理学


筋トレで自分の体に投資をし、株でお金の投資をする、一見すると、最強の投資の組み合わせのように見えます。

実は、筋トレと株投資には意外な関係があります。本記事で、どのような関係があるかを書かせて頂きます。

スポンサーリンク

筋トレをするとどうなるか?

筋トレをすると筋肉が付く以外に男性ホルモン(テストステロン)の量が増える効果があります。

テストステロン量が増えると、性格には以下の変化が出てきます。
・攻撃的になる
・逆境に強くなる
・冒険心が高まる

これを踏まえて、仕事、恋愛、投資に筋トレが与える効果を分析します。

仕事や恋愛に与える影響

仕事においては、逆境においてもテストステロン量が多いと「なにくそ!」と踏ん張りが聞くようになります。

恋愛では、筋肉が付き男らしい体形になるだけでなく、異性に対する積極性が増し、傷つくことを恐れずにアプローチしていけるようになります。

また、女性においても肉食系女子となるため恋愛に積極的になります。

筋トレを行うと世間一般で言う「タフガイ」or「肉食系女子」に近づくことが出来ます。

スポンサーリンク

投資に与える影響

筋トレを行うことで冒険心が高まり、高リスクな行いにもチャレンジし易くなります。

このことは投資において、リスクを恐れない強気なトレードに向かうことになります。

強気なトレードをすると、当たれば利益が大きいですが、負ければ損失が大きいです。

テストステロン値の高い人の方が暴落相場のような高リスクの状況で買い向かうことになります。

実際の投資の傾向として、億り人(億単位の資産を築いた人)になった人物には男性の方が多いです。

これは男の方が投資家として優れているという訳ではなく、大きな利益を出すのは男が多いが、大きな損失を出すのも男が多いという裏があります。

ケンブリッジ大学脳修復センターのジョー・ハーバート教授らの調査では、トレーダーの中で大きな利益を出している者の傾向としてテストステロン量が多かったそうです。

しかし、大きな損失を出している者もテストステロンの量が多かったそうです。

リスクを覚悟した上で、億り人を狙うならガンガン筋トレを行い、ちょっとお小遣い程度が欲しいという人は過剰な筋トレはオススメしない、という事になります。

終わりに

筋トレは人生の多くの局面において効果的ですが、万能という訳ではありません(筋肉万能ではないです)。

特に、株式等の投資活動を行う人は筋トレとうまく付き合う必要がありそうです。

ただ、筋肉は何歳からでも増やすことが出来る資産です。

筋トレの関連銘柄に興味がある方は下の記事もご参考にどうぞ。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする