【書評】サピエンス全史が難しい・つまらない人には漫画版がおすすめ

「サピエンス全史」は全世界で1600万部以上も販売されたベストセラーであるため、タイトルを見聞きした事がある人も多いと思います。

私も興味を持った本だったのですが、その分厚さから読むのをためらっていました。

ですが、サピエンス全史の漫画版が出版されていると知り「漫画なら読めそう!」と思い購入して読んだので、紹介させて頂きます。

 

 

スポンサーリンク

「漫画 サピエンス全史 人類の誕生編」のレビュー

目次と本編の概要について

「サピエンス全史」は上下巻に分かれる大作であり、漫画化も大変な様で、2020年現在、ある程度のまとまり単位で漫画化を進めるプロジェクトが進行中です。

「漫画 サピエンス全史 人類の誕生編」では、原作の中でも、人類の誕生から農耕を始める手前までの部分を漫画化した作品です。

以下、本書の目次と簡単な概要です。

  • サバンナの反逆者
    • 人と動物の違い、ホモ・サピエンスと他の人類(ネアンデルタール人たち)との違い、なぜホモ・サピエンスが生き残ったか
  • 虚構の達人
    • ホモ・サピエンスに特有の想像上の現実を信じる能力
  • 性と嘘と洞窟壁画
    • 狩猟採集民の生活について
  • 大陸をまたにかける連続殺人犯
    • 人類と動物の大量絶滅について

 

本書の感想

先ず、読み易かったかどうかですが、とても読み易かったです。

説明の様な長いセリフもしばしばありましたが、漫画の絵による説明もあったので、2時間程度で読む事ができました。

 

また、内容もおもしろかったです。

特に興味を持ったのが、

  • 「想像上の現実を信じる能力」が人類の繁栄に大きく関わる能力であったこと
  • 狩猟採集民は、ひょっとすると我々よりも豊かで恵まれた生活をしていたかもしれないこと

という事です。

 

想像上の現実(虚構)を信じる能力があったからこそ、我々はネアンデルタール人達との生存競争に勝つことができ、大きな集団を形成したり、他のグループの人達と交易をして発展する事ができたそうです。

また、動物界にも群を作る種族は沢山いますが、人間と他の動物の群は何が違うかという事を知ることができます。

 

歴史について学んでいる時に面白いと感じるのは、関係ないと思っていた事が、実は繋がっているというのを知った時ではないでしょうか。

本書では、なぜ人類が発展してきたかというのを、人類の誕生までさかのぼって最初から分析・解説してくれるので、人類の歴史に繋がりを感じる事ができる点で面白さを感じます。

 

また、古い歴史を知る事には単純にロマンを感じます。

実は脳のボリューム的には、現代人よりも狩猟採集民の方が大きかったり、栄養的にも狩猟採集民は恵まれていた事、そうした事を知ると、現代人って実はそんなに大したことは無いのかな、という感じになります。

なんというか、現代人は昔の人より優れているといった先入観を捨てさせられ、実はちっぽけな存在なのかもしれないと。

自分自身の姿を改めて捉え直させられます。

 

ボリュームもそれなりにあり、考えさせられる部分も多い作品なので、時間のある時にゆっくり読む事をお勧めします。

 

面白い本であったため、続編が出版された際には購入する予定です!

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
スポンサーリンク
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
本・映画の紹介
yawaraをフォローする




エンジニア的うるおいライフ

コメント