読まずに死ねない!源氏物語を男性におすすめする理由・漫画版の紹介

 

以前、本屋で「東大読書」という本をパラパラと立ち読みしたところ、次の様な事が書いてありました。

東大で生活して、東大生同士で盛り上がった話は、「『源氏物語』でいちばん素晴らしいヒロインは誰か」という議論でした。

これを知りたる私は、東大生とはいとをかしき者たちぞなむ、と思ふとともに、源氏物語に興味を持ちました。

どういう事かと言いますと…

  • 東大生がそんなに盛り上がる話題なら、源氏物語は実はすごく面白いのでは?
  • 世界最古(かもしれないクラス)の長編小説である
  • これ程の作品を書ける教養のある女性が、1000年前の日本にいたのは世界に誇れる歴史である
  • そんな世界に誇れる日本の作品を読んでいないのは、日本人としては非常に勿体ない事では無いか?

 

こうした事実を踏まえ、「日本人に生まれたからには、死ぬまでに源氏物語を読みたい!」と思うに至りました。

 

もし、これまで源氏物語に対して、

  • 興味がない
  • 難しそう
  • つまらなそう

と思ってた人がいらっしゃれば、是非とも再考して欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

源氏物語を読むなら漫画がおすすめ

源氏物語は有難いことに漫画化がされています。

いくつかの漫画作品がありますが、一番おすすめなのは「あさきゆめみし」という作品です。

文庫版で全10巻の作品であり、主人公や脇役の人達の心情も丁寧に描かれています。

「あさきゆめみし」の他にはコンパクトに1巻にまとめている作品もありますが、何か物足りない感じがします。実際に読んだのですが、内容は把握できるものの、楽しむには短すぎました。

ストーリーとして楽しむには、登場人物の丁寧な心情描写が欠かせないので、やはり少し長くても「あさきゆめみし」をお勧めします。

 

惜しむらくは、「あさきゆめみし」に出てくるヒロイン達は顔が似た人が多く、読んでいて誰が誰か分かり難いという事です。

(漫画ではキャラの描き分けが大事と言われますが、この時代の女性は、黒髪ロング・十二ひとえ、なので似てしまうのは仕方がないのかもしれません…)

 

 

源氏物語は面白いのか?

私の読後感をまとめると…、「胸クソな部分もあるけれど、悲しくて優しいお話」です。

 

当時は、一夫多妻制が容認されていたので、主人公である源氏の君は何人もの女性と深い関係を持ちます。

主人公は、ある女性に「君が一番だよ」と言って、その舌の根の乾かぬ内に別の女性の家に出かけます。

それでいて恋の苦悩がと言っているので、もう何がしたいのか…

 

ただ、主人公の源氏の君にも同情の余地があり、幼い頃に父親の再婚相手に叶わぬ恋をしたばかりに、色んな女性をその代わりにと求めるのですが、結局は満たされる事のない人生を送ります。

女癖が悪いのですが、悲しい人生を背負っていて、根は優しい人物なので、憎めない人物です。

 

1000年前の人とはいえ、感性としては現代人とそれほど変わる事はなく、世代を超えて読み継がれるだけの事はあると感じます。

 

 

男性はこの観点で読むと面白い

男性が源氏物語を読むなら、「『源氏物語』でいちばん素晴らしいヒロインは誰か」という観点を持つと面白くなります。

源氏物語には、色々な美女が出て来ます。

  • 主人公の義理の母であり、主人公を愛するも本心を言えない女性
  • 年上の美しくも愛憎深い女性
  • 美女でありながら、男性への接し方が分からない不器用な女性
  • 年下であり、主人公の浮気な部分に悩みながらも、妻としての役目を果たそうとする女性
  • 主人公よりずっと低い身分であるが、品性や美しさは随一であり主人公の寵愛を受けるも、身分の違いに苦しむ女性

個人的な感想ですが、どの女性が一番か挙げるとすると、「紫の上」という方です。

美しさ、賢さ、健気さ、可愛らしさ、一途さ、妻にするなら紫の上と思います。

 

余談ですが、私が通っていた高校の古文の先生(女性)は、「紫の上が10歳の頃に、この子は将来美人になると思うなんて、光源氏はロリコンなのかしら。」と言われていました。

成人男性的には、10歳の子は恋愛対象にはなりませんが、10歳にもなれば、その子が将来美人になるかどうかは想像できます。ましてや、絶世の美女レベルの紫の上なら尚更と思います。

 

ヤワラ
ヤワラ

是非、皆さまの推しのヒロインを教えてください!

 「あさきゆめみし」を買う時の注意点

「あさきゆめみし」には色々なバージョンがあります。

詳細は↓です。

  • 紙の漫画で現在販売されているのは「文庫版」と「完全版」
  • 電子書籍になっているのは「完全版」だけ
  • とにかく安く全巻を集めたい場合は、紙の「文庫版」
  • 一部あるカラーページや、コレクションとして楽しみたいなら「完全版」

私はいつも通り電子書籍版で読みましたが、とにかく安く読みたい人は文庫版をお勧めします。

 

↓電子書籍版・完全版はこちら

 

↓文庫版はこちら

 

 

 おわりに

源氏物語は1000年以上も読み継がれてきた名作です。

日本で生まれた歴史的な名作であり、日本人なら、読まずに死ぬのは勿体ないと思います。

特に、男性にも読んで頂きたいです!

 

 

以上、お読みいただき有難うございました!

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
スポンサーリンク
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
本・映画の紹介
yawaraをフォローする




エンジニア的うるおいライフ

コメント