日本人の国民性を理解するためにお勧めの本・中立的な観点からの分析

2010年位からか、テレビで「日本は素晴らしい」といった内容の番組を見かける機会が増えた気がします。

誉めるのも良いですが、できれば中立的・客観的な分析が欲しいと思う人も多いはずです。

そうした観点から、我々日本人とはどういった性質をもった民族かが分かる本を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

菊と刀

本書の著者のルース・ベネディクトは、米国の文化人類学者であり、太平洋戦争中に諜報員として日本の調査を行っていた人物です。

本書が出版された1946年は、日本が太平洋戦争で米国に敗北した次の年であり、この年にルース・ベネディクトが戦時中の頃から日本について調査していた資料を本としてまとめる形で出版されました。

本書は戦後にGHQが日本を支配するための資料としても使われたと言われており、我々日本人の歴史に深く関わる本と言えます。

我々の親・祖父母世代の人がどういう価値観で生きていたかを知るには有用な書物であるため、日本人ならば一読しておきたい書物です。

 

まず、米国人にとっては日本人は相当に理解に苦しむ民族であった様です。

というのも、戦争中は竹槍を持ってでも死ぬまで戦うという姿勢であったのに、終戦後は180度態度が変わり、アメリカ人に対して友好的に接してきたためです。

他の国では、終戦後もゲリラ活動のようなことが行われるのが普通でしたが、日本ではそうした活動もほとんどなかったそうです。

このため、アメリカ人としては、あの戦闘狂のような日本人が、終戦後に直ぐに友好的になったのが不思議で仕方がなかったという背景がありました。

 

「菊と刀」というタイトルは、日本人の二面性を表したタイトルです。

本書の冒頭では日本人について以下の記載があります。

日本人は攻撃的でもあり、温和でもある。軍事を優先しつつ、同時に美も追及する。思い上がっていると同時に礼儀正しい。頑固でもあり、柔軟でもある。従順であると同時に、ぞんざいな扱いを受けると憤る。節操があると同時に二心もある。勇敢でもあり、小心でもある。保守的であると同時に、新しいやり方を歓迎する。他人の目をおそろしく気にする一方、他人に自分の過ちを知られていない場合でもやはり、やましい気持ちに駆られる。

タイトル中の「菊」とは温和さや美を追求する特性、「刀」は攻撃的な特性を表すものとして使われています。

 

著者は、恩、孝、義理、恥、鍛錬、子供の育ち方といった観点から日本人について分析をしています。

 

恩や孝という観点から見ると、日本人の良くない面にも触れられています。例えば、本書には以下の記載あがります。

年若い嫁は表面上、あくまでも従順である。しかし代が代わると、この穏やかで可愛い女性たちは、かつて自分の姑がそうだったように、厳しくて口やかましい姑と化す。年若い嫁は、人を責めるような言動を露わにすることは許されないが、だからといって、正真正銘の温和な人間になるわけではない。後半生を迎えると、いわば、それまで溜まった憤懣を同じ分量だけ自分自身の嫁にぶつけるのである。

姑による嫁いびり、先輩による後輩のかわいがり、こうしたものに見られる様に、日本には教育にみせかけた陰湿ないじめが伝統的に行われてきたという歴史があります。

 

その一方で、鍛錬という観点から、日本人の特異な勤勉さを捉えています。

禅宗をおのれのものとしたのは、他でもない、日本の武士であった。(中略)

武士が白兵戦にそなえて心身を鍛える目的で(禅の)修行を積むこともある。こうした例は、よその国ではほとんど見かけられない。しかし、日本では禅宗が勢力を伸ばし始めたころからずっと、それが常態だった。(中略)

禅によって鍛えられたのは、武士、為政者、剣客、学生などさまざまである。その目的は、いたって日常的な目標を達成することに置かれていた。

日常的な目標のために、明鏡止水の境地を求めて鍛錬を行うのは日本人的な行いであり、外国ではあまり見られな事だそうです。

 

本書は、日本人の良い面、悪い面をバランス良く吟味した書籍としており、我々がどういった人間なのかを客観的に捉えるのに役立ってくれると考えています。

日本人が自分達についての理解を深めたい、という場合に役に立つ書籍と言えます。

 

 

世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析

最初にお断りしておくと、本書はヤンキー風なノリや文化について考察した書籍であり、犯罪行為を行ったりするようなヤンキーの話はでてきません。

 

著者は、日本人を理解する上で欠かす事の出来ないものがヤンキーないしはヤンキー的なものとしています。

それは国民的なイベントからも分かります。

  • 1999年の天皇陛下の即位十年を祝う国民祭典の奉祝曲を披露したのは元XJAPANのYOSHIKI
  • 2009年の天皇陛下の即位二十年を祝う国民祭典の奉祝曲を披露したのはEXILE

日常のメディアから国民的なイベントに至るまで、ヤンキー風の有名人・芸能人が出演し、幅広い人達からの支持を受けています。

日本国内で人気のある、キムタク・白洲次郎・坂本龍馬・橋下徹といった人物を例に挙げ、彼らの中のヤンキー性と人気の関連についての分析は、日本人の国民性を捉えるのに不可欠な感覚と感じました。

 

本書では、ヤンキー文化の中心的な考えは

  • アゲとノリ
  • 実績よりも生きざま

と述べています。

実績として凄いことをした人よりも、カッコいい生き方をした方が人気が出て支持されるという傾向があります。

 

アゲとノリに関する日本人の話として私の記憶に残っているのは、2005年〜2010年頃に「郵政民営化」や「政権交代」という音頭に乗って訳もわからず投票してしまった世論のことです。

難しいことは分からないが、テンションが上がって勢いがあるものにノリたい、といった感覚があったのではないかと考えています。

 

深く考えないアゲとノリの精神が政治にまで入り込んでしまうのは危機感を覚えますが、他方では、本書のあとがきにもある様に、ヤンキー的な価値観である気合いとノリの精神は、震災後の復興では役に立ったというのも一理あります。

 

日本にはヤンキーやその真似事・ヤンキー的な物を格好良く思う人も多く、自身はヤンキーやその真似事もしてこなかった人でも、日本を全体的に理解するためには一読の価値があると考えます。

 

 

シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感

シャーデンフロイデとは、誰かが失敗した時に、思わず湧き起こってしまう喜びの感情のことで、ひと言でいうとメシウマです。

本書は、シャーデンフロイデに限らず、人間はこうした後ろ暗い感情をなぜ持つようになったのかということを、心理学や脳内物質を基に解説した本です。

 

本書を読むと、日本という国は、

  • 島国
  • 稲作を中心とした文化
  • 天災の多い国

といった特徴があり、これらの影響が国民性に影響を与えたということが分かります。

そしてその結果として、協調性の高さなどが培われ、シャーデンフロイデの様な感情も強化されてしまったとあります。

 

シャーデンフロイデの様な感情は、もともとは、集団を乱す異質な存在を排除するのに利用された感情でした。

日本人の国民性の1つとして、協調性の高さが挙げられますが、協調性が高いことの負の側面として、集団から逸脱する者を排除しようとする力の強さがあります。

 

脳内物質の研究で、協調性の高い人たちほど、他者に不寛容であり、集団にとってマイナスになる人・行為をバッシングする傾向にあることが解明されています。

現代ではSNSなどでも、集団から逸脱していると思わる人物をみつけ、自分の中の正義という大義名分を基にバッシングするという行為がされています。

これも、脳内物質に影響された行為であり、正義の名のもとに誰かを批判し、その批判が人から承認されると脳内では快感物質であるドーパミンが大量に放出され、非常に強い快感を得られることが分かっています。

 

SNSなどでは、婚活中の異性に対して厳しいバッシングをする人もいますが、もしかしたら本来は異性からもたらされるはずであった快感を、SNSからの快感で補っているのかもしれません。

 

本書を読めば、近年の「炎上」にみられるように、やり過ぎと思われる様なバッシングを科学的に理解することができます。

 

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

コメント