職場の生産性に女性はどう影響する?美人ばかりだと効率は下がります

「職場に女性がいると生産性は上がるのか?」そんな疑問をお持ちでは無いでしょうか?

 

男性が女性から受ける影響について色々と調べると「職場の同僚にはコミュ力の高くて容姿が魅力的でない女性が最適である」ことが分かりました。その理由を以下に述べます。

 

 

スポンサーリンク

心理学的に男性が女性から受ける影響について

受験勉強等でよく聞く話で「恋愛して不合格になるのは大概男。」というのが有ります。

これは科学的な根拠のある話です。

男は女性と一緒にいるとどのような影響を受けるのか見ていきます。

 

認知能力が低下する

心理学者の分析によると「魅力的な女性がいると、男はその女性の気を引くために集中力を使ってしまう」そうです。それも無意識的に。

分かりやすい例だと、妙にテンションを挙げてみたり、面白いことを言ってみたり、逆にカッコよく見せるにはどうすれば良いか、等です。

これらに加えて無意識的なあれやこれやを考えるらしいです。

そんなことに脳のリソースを使用するため、魅力的な女性が側にいるだけで目の前の事(仕事や勉強)への集中力が薄れてしまいます。

そして脳が無駄なエネルギーを使うため、平常時よりも疲労してしまいます。

結果、女性と一緒に居る時だけでなく、その後も認知能力が低下してしまいます。

実験では、魅力的な女性であるほど男側に顕著な影響が見られたそうです。しかし、女性側はイケメン相手でも特に影響は見られませんでした。

受験で彼女が出来ると不合格になると言われるのは、こういった理由が一因にあると考えられます。

 

ストレスを受ける

ある心理学実験で以下の調査が行われました。
・電車のボックス席のような場所に男性と美女を対面するように座らせる
・男性の心理的な影響を調査した所、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌量が増加した

コルチゾールとは心疾患の原因であったり、筋肉を分解する作用がある物質です。

そして、相手が美人であるほどコルチゾールの分泌量は増加したそうです。

因みに女性にイケメンを見せても男性が美女を見たときのような「①認知力の低下」「②ストレスを受ける」の反応はほとんど見られなかったそうです。

心疾患リスクが上がり、筋肉が減るとは、由々しき事態です。

綺麗なバラには棘があるとは本当だった様です。

 

 

女性がいる事で受けるメリットもある

集団知能が上がる

女性がいることで良い影響もあります。

カーネギーメロン大学にて、チームでの問題解決能力(集団的IQ)に影響を与える要因は何かを調べる実験が行われました。

この実験によると、チームに占める女性の割合が高いほど集団的IQは上がったそうです。(集団的IQとは簡単に言うとグループでの課題解決能力のこと)

Anita Williams教授は、女性の方が社交的で協調性が高いことが要因であると推察しています。

端的に言うと、コミュ力の高い女性の影響と言えます。

 

 

総合すると

まとめると以下の結論に至ります。
・美女と一緒にいる男性の知能は下がる
・美女と一緒にいると男性はストレスを感じる
・チームに女性がいる方が良いアウトプットを出せる

 

つまりは、勉強のような作業をする時はなるべく美女と一緒に居ない方が良いです。

しかし、仕事のようにチームで何かする時には女性がいてくれた方がよいですが、美女だと男側に都合が悪いです。だから容姿が魅力的でない女性であった方が良いです。

 

総合すると「職場で一緒に過ごすなら、コミュ力は高く、容姿が魅力的でない女性が良い」ということになります。

男性なら分かって頂けるかと思いますが、美人よりも普通の容姿の女性の方が話しやすく無いですか?

「話しやすい」とは「コミュニケーションを取りやすい」という事です。

コミュニケーションが活発になった方が、組織の連携も上手く行きます。

つまりは、美人よりも話しやすい愛嬌のある女性の方が組織には大事だという事です。

 

女性の恨みを買うと本当に怖いので、私の職場の女性の容姿については発言を慎むようにします。

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
スポンサーリンク
SEの働き方
yawaraをフォローする




エンジニア的うるおいライフ

コメント