マネジメント経験無しでプロマネ試験の論文を書く方法

スポンサーリンク

(疑問)

プロジェクトマネージャ試験にはプロジェクトマネージャの経験が無くても合格出来るのか?

(回答)

答えはYESです。

勿論、プロジェクトマネージャの経験があった方が有利ですが、無くても十分に合格できます。

会社に入って1年目だと余程優秀な方でないと合格は厳しいですが、2年目位からならば合格出来るのではと考えています。

以下にその理由と、どうやって試験の論文を書けば良いか説明します。

スポンサーリンク

(理由)

実際にはマネジメント経験が無い人でも、マネジメントされた経験ならあるのでは無いでしょうか。

例えば以下のような経験は無いでしょうか。
・自分に作業がアサインされた時に何か問題が起こってそれに対処した経験
・他のメンバーが問題を抱えた場合にどう対処するか見ていた経験

対処とは、進捗が遅れてきた(遅れそうになってきた)メンバーに対し、依頼している作業の優先度を指定し、優先度の高い物を先に片づけることで、全体のスケジュールには影響が出ない様にした、といった事です。

普通に働いていれば上記の様な事を経験したり、見たり聞いたりしたのでは無いでしょうか。
そういった経験は、論文を書く上でとても役に立ちます。

そのような経験をベースに論文を書けば十分に合格することは可能です。

(私はどうだったか)

私自身、プロジェクトマネージャの経験は有りませんでしたが、問題のあるプロジェクトにアサインされた事はありました。その経験から試験には合格することが出来ました。

(論文試験対策はどうしたか)

①経験の棚卸

論文のネタの洗い出しのために、経験したプロジェクトについてどういう問題があり、プロジェクトマネージャはどうしていたかを一通り棚卸ししました。
自身の経験を振り返る事で、あの時のプロジェクトマネージャの判断はテキスト等にもある代表的な手法だったのだな、と復習する事が出来ました。

②オリジナルプロジェクトの作成

そうして棚卸ししたネタとサンプル論文を参考に幾つかの全くデタラメではない架空のプロジェクトのストーリーを作成しました。

プロジェクトのストーリーを作成する際に、以下の点を押さえるようにしました。
・いつどのような問題が起こった(起こりそうだったか)
・問題に対してどのような対処を実施したか
・何故その対処をしたか
・他にはどんな対処が考えられたか

特に起こった問題(起こりそうだった問題)は最低でも2つは盛り込むようにしました。

全て想像で話を作るのでは無く自分の経験を基に話を作る事で、他にはどんな問題があり得たかを考えやすくなります。

恐らく、論文を書いているともう少しネタが欲しくなる時があります。全くの作り話に、何かを付け足そうとすると、話に矛盾が生じやすくなりますが、自分の経験をベースにすることで、話を付け足すのも容易になります。

③プロジェクトのシミュレーション

作成した架空のプロジェクトで自分がプロジェクトマネージャーになったつもりで、どのフェーズでどんな問題が起こりどういう対応をしたかのシミュレーションを繰り返しました。

実際の現場をイメージし、誰がどうしたかもイメージしながら、メモを見なくてもシミュレーションが出来るようにしておきました。

(まとめ)

冒頭で、プロジェクトマネージャの経験が無くても合格できると述べましたが、頭の中で架空のプロジェクトのプロジェクトマネージャを何度も経験したことで合格できたと考えています。

↓プロマネ対策のまとめページです。

私がやったプロマネ試験対策の概要・苦労・工夫

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする