筋トレは有効?「脳を鍛えるには運動しかない」を京大卒がレビューしました!

「脳を鍛えるには運動しかない」という本はタイトルを見て気になっていた本の1つです。

買うかどうか迷っていたのですが、

メンタリストのDaiGoさんが「この本を読んで運動を始めた」

と言われていたのを聞いて購入する事にしました。

読んだ結果…

バッチリ影響を受け、日に30分程度の有酸素運動を始めました。

感想としては「間違いなく、読む価値のある本の1つ」です。

私は子供の頃から、「どうやったら頭が良くなるか?」を人一倍考えていました。

色々と実践し、難関校の1つである京都大学を卒業しています。

折角なので、「脳を鍛えるには運動しかない」という本は京大卒から観てどうか?という点で、本書をレビューさせて頂きます。

スポンサーリンク

運動という投資について

なぜ脳に投資しないのか?

脳への投資というと、キャリアアップのためと捉えられる事が多いです。

そうではなく、人生100年時代を充実させるには、老年になっても明晰な認知能力、記憶力がある事が大事だと考えています。

「老後のお金」の投資だけでなく、「脳への投資」も必要ではないでしょうか。

折角長生きしても、認知症になってしまうとQOLは下がってしまいます。

なぜ健康(運動)に投資しないのか?

本記事をお読みで、今は運動をされていない方も昔は運動をされていたのではないでしょうか?

運動をやめたのは、進学、就職、結婚など忙しさが増したタイミングでは無いでしょうか?

私は高校に進学したタイミングで運動をやめ、最近は仕事が忙しくて運動を止めていました。

メリットがあると知られているにも関わらず、忙しくなると切り捨てられるのが「運動」という投資です。

忙しいなら、なおさら体力が必要ではありませんか?

運動には健康増進、ストレス解消、脳を鍛える効果もあり、一石三鳥の効果がある投資なのに、です。

運動と成績は関係するか?

本書での見解

本書(脳を鍛えるには運動しかない)では、明確に、運動をした方が成績が上がると述べられています。

運動をすると脳で新しい細胞が活発に生まれ、さらに学習を通じて新しい細胞を定着させる事が出来る、といった事が書かれています。

(学習をしないと、生まれた脳細胞も役に立たず消滅するそうです。)

0時間目に体育の授業を導入し、成績アップに成功した学校の話も紹介されていました。

京大受験に運動は有効だったか?

私個人の話ですが、運動している頃の方が成績の伸びは良かったです。

特に、ジョギングが好きで、中学生の頃、休日は毎朝6時半に起きて5㎞程を走っていました。

平日は、学校までの2km程を走って通学していました。

運動が脳に良いと知っていた訳では無く、理由は以下です。

  • 単純にタイムが縮むと嬉しいから
  • 根性を鍛えるにはジョギングが良いと思っていたから
  • 走ると何となく爽やかな気持ちになれるから

狙ったわけではありませんが、有酸素運動に取り組み、脳に良い影響を与えていたようです。

逆に、高校に入学し、バス・電車が主な移動手段になってからは、勉強に対する集中力が低下したと感じる様になりました。

結局は、ストレスを抱えながらも合格はしましたが、定期的な運動をしていれば、もう少し楽に合格できたかもしれません。

根性論で勉強させるのではなく、こういった本を周囲の大人が読んで、指導してくれる子は幸運だと思います。

スポンサーリンク

成績向上にはどんな運動がお勧めか?

本書でお勧めしていた運動

本書で一貫して勧めていたのは「30分以上継続する、ややキツイと感じる有酸素運動」です。

さらには、武術やテニスなどの、「運動しながらも注意力を使う運動」が脳に良いとされていました。

ただし、ウォーキング程度の軽い運動でも、何もしないよりは大分マシという事でした。

テニスや武術は私もお勧めです

私は中学の頃、テニス部に所属しており、ほぼ毎日練習していました。

私の成績が大幅に伸びたのは中学生の頃なので、テニスの効果もあったのかもしれません。

因みにですが、私の兄も京大卒ですが、テニス部でした。

大学の研究室の教授も、趣味がテニスでした。

准教授は、少林寺拳法が趣味でした。

研究室の同期は5人おり、私以外の4人は高校時代には、テニス・卓球・バドミントンのどれかをやっていました。

少ないサンプルですが、こうしてみると、武術やテニス(に類するスポーツ)が脳の発達に影響を与えている可能性は高いかもしれません。

筋トレは脳の発達に有効?

本書を読む限りでは、思考能力という意味では筋トレが有効であるという記述はありませんでした。

筋トレでは「精神的な効果を得られた」と結論付ける研究はあるため、モチベーションとして行うのは良いと言えます。

本書では一貫して有酸素運動を勧めており、脳を発達させるには筋トレではなく、有酸素運動が推奨のようです。

運動で脳を鍛えれば様々な不調の解消に役立ちます!

運動のメリットは成績向上だけじゃない!

本書の中では、成績だけでなく、以下の症状に対する運動の効果も書かれています。

  • 依存症
  • PMS
  • うつ病
  • ADHD
  • 老化

何か精神的な不安・身体的な症状で悩まれている方も、本書を一読される事をお勧めします。

私は、交際中の女性がPMSで悩んでいるので、本書を片手に、運動をするとどういうメリットがあるのかを熱弁してしまいました。

本書の一読を強くお勧めする理由

運動により様々なメリットを得られますが、

運動のメリットを最大限に享受するには1つ条件が有ります。

それは、モチベーション高く運動をする事です。

本書では、実験により無理やり運動させた場合とそうでない場合の違いも紹介されていました。

大事なのは、自分から進んで運動をしたい気持ちになる事です。

本書では、様々な研究結果から運動のメリットをこれでもか!と言うくらい説明してくれています。

それらを読んでいくうちに「こんなにもメリットがあるなら、運動してみようかな」という気持ちにしてくれます。

運動の正しい知識を得るだけでなく、モチベーションを高める意味でも最高の書籍です。

終わりに

私は、筋トレやストレッチならば定期的に取り組んでいましたが、本書を読んで「有酸素運動の効果は凄すぎる!」と思い、早速、ジョギングを始めました。

少々、値の張る本ですが、読む価値は十分にあります。

もし、今この本を読んでおけば、今後の人生の得になる事請け合いです。

私自身、両親や身近な人にもお勧めしておきました。

運動をすれば健康や脳への投資が出来ます。

そして長生きすればする程、その恩恵を受ける期間は長くなります。

控えめに言っても、効率の良すぎる投資では無いでしょうか。

以上です

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ