光目覚まし時計Intiを1年使用した感想:うるさくない目覚まし時計

 

スポンサーリンク

光目覚まし時計を1年使いました

「光目覚ましのInti」は光で目を覚まさせるという特徴的な目覚まし時計です。

ただし、気になる目覚ましではありますが、価格も高く、気軽に購入するには抵抗があります。私も購入まで半年程悩みました。

そんな私がIntiを1年使った感想・気づいた事を書かせて頂きます。

 

 

使用した感想・メリットなど

普通に起きれました

購入前は光で本当に目が覚めるか気になっていたのですが、普通に起きれました。

サイズはコンパクトですが、光の量は十分で目をつぶっていてもまぶしいです。

アラーム音と違い不快感が無い

商品の広告通り、音で起こされるのと違って全く不快感が無かったです。

目覚まし時計のアラーム音は、毎日聞いているとアラーム音と「起きなきゃいけない!」という気持ちとリンクしてきていました。

だから、アラーム音を聞くだけで嫌な気分になっていたのですが、光目覚ましには全くそういった事がありませんでした。

叩き起こされるのではない自然な目覚め


普通の目覚まし時計だといきなりアラームが鳴るので、朝びっくりして目が覚める感覚がありました。

この目覚ましは光なので、周りが明るくなってきて自然に目が覚める感覚でした。

保険としてスマホ等のアラームの使用がオススメ


疲れている時や、普段よりも遅く寝た日は光で目が覚めない日もありました。

自然に起こすというメリットがある分、強制的に起こす力は弱いのかもしれません。

そんな時の保険として、スマホのアラームと併用していました。

光目覚ましの30分後位にセットするようにしていました。

(Intiはアラーム有り無しを切り替えられますが、私はずっとアラーム無しで使っています。)

 

 

うるさくないのでマンションやアパートの人にもオススメ

私は賃貸マンションに住んでいますが、アラームの音がうるさくないかが気になっていました。

ご近所トラブルの内の約3割は騒音トラブルなので、賃貸・マンションにお住まいの方はお気を付けください。

小さいことですが、毎日の事で恨みを積み重ねられると関係もギクシャクしてしまうため、騒音が気にされる方にもオススメできます。

この目覚ましは無音なので騒音トラブルの原因にはなり得ません。

 

 

目覚まし以外にも使えます

「あなたは朝起きたら、本当に目が覚めていますか?」という質問は意味不明に思われるかもしれません。

ただ、布団から出れたとしても、頭がボーっとして、なんだかだるい状態では本当に目が覚めているとは言い難いです

そんな時に、強い光を浴びていると、だんだんと目が覚めて来ます。体も「太陽が出ているし活動する時間だ」と感じ取ってくれるようです。

起床後に強い光を浴びた方が、夜にしっかり寝られるという効果もあります。

布団からは出たけど、なんだかボーっとするという人がIntiを使えば、「目を覚ます効果」と「夜にしっかり寝られる効果」を得る事ができます。

 

 

延長コードを使うのがオススメ

光目覚まし時計の効果として、自然な目覚めだけでなく、セロトニンを分泌させる効果があります。

セロトニンを分泌させるには、起床したタイミングだけでなく、起床後しばらく光を浴びておくのが効果的です。

目覚ましをベッドから移動するために電源コードを抜くと、時計がリセットされてしまうので、延長コードを使って移動させるのがオススメです。

 

 

Inti4からは操作性もアップ

私が購入したのはInti3という型番なのですが、新しくInti4が出ていました。

Inti3は正直なところ、設定方法が直感的でなく操作が難しかったです。一旦設定すれば、問題無いとはいえ、マイナスな点でした。

Inti4からはスマホアプリと連携させられる様になっており、操作しやすくなっています。

また、デザインが曲線的でスタイリッシュになっており、正直、買い替えたいです。

 

ご参考になりましたら幸いです。

以上

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
スポンサーリンク
生活改善グッズ
yawaraをフォローする




エンジニア的うるおいライフ

コメント