光目覚ましIntiを購入しました(やる気が出るライト?)


曇ってる日や雨の日ってなんだかテンションが上がらない。そんな人は多いのではないでしょうか。

気分的な問題だけでなく、生理学的にも原因があります。

人間の体は日光を浴びる事でセロトニンが分泌されるのですが、天気が悪いと十分に日光を浴びる事が出来ず、セロトニンを十分に分泌できません。

このセロトニンは、幸福ホルモンとも呼ばれているもので、気分に良い影響を与える物質とされています。

気分が上がらないくらいくらい気合で何とか、と思われるかもしれませんが、程度によっては病気になってしまいます。冬季の日照時間が短くなる時期に発症する「冬季うつ病」と言うものもあります。特にヨーロッパ等の地域の冬の日射量が少ない地域で多い症状です。

休日はずっと部屋の中にいると言う方も十分に日光を浴びられていない可能性が高いです。

蛍光灯などの明るさでは太陽の1/100にも満たないため、ほとんど効果を得られません。

部屋の中に居て外に出ると、「あっ、まぶしいな」と感じたことがあるかと思います。
蛍光灯と太陽の光はそれ程異なるということです。

↓ワムウさんもこの様に仰っています。

屋内で日光浴する方法はないの?

そうは言っても外に出るのは面倒だし、屋内で日光を浴びる方法は無いものかと思い色々と調べてみたところいくつか良さそうな物を見つけました。

普通の照明よりも数段明るい照明がいくつか販売されていました。

スポンサーリンク

ブライトライトME+

高照度光療法に使用する高照度照明器具です。冬季うつ病などの治療に使われるのですが、少し場所をとります。

inti

こちらは音ではなく、光で目覚めさせる目覚まし時計です。こちらも蛍光灯などに比べるとからなり明るいです。サイズはコンパクトなのでかさ張りません。

私は置き場所のこともあり、inti SQUARE(現在はリニューアルされ四角型から丸型になりました)を購入しました。

↓こんな感じです。(生活感出てすみません。。)

スポンサーリンク

inti SQUAREを使用した感想

コンパクトでも明るさはしっかりしていて、直視するのが辛いくらい明るいです。

また、目覚ましとしてだけでなく、ボタンを押すと30分間高照度を浴びせるモードがあります。

私は午前中に勉強する際、ときどき机の上に置いて、照明の力をかりて覚醒するようにしています。

欲を言うと、コンパクトで有り難いのですが、その分、光を発生させる面積が小さいです。

曇りや冬の時期等で、十分に明るい光を浴びられない日に代用と割り切って使うのがいいと思います。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする