応用情報の午後対策【時間の配分・解答時間が足りない場合】

スポンサーリンク

1題を何分で解くか

応用情報の午後試験は150分で5題を解答します。つまり1題30分ペースでの解答が必要です。

特にどこかの問題を速く解いて時間を稼いでおくのはほとんどできないかと思います。

本番では1題25分位で解答出来ればいい方です

どこかで40分ぐらい使うと、他の問題で正解できたはずの問題を落としかねません。

このため、1題30分というのは厳守して全ての問題に着実に目を通す方が良いです

このため、問題演習の際も1題30分以内で解答、30分以内に採点・間違えた内容の確認を行うのが良いです。

日頃の学習時につかった小技

おそらく、初めは30分以内に解答するのは難しいと思います。
また、XX字以内というのに合わせるのも少し難しいかもしれません。

最初の頃は、
・少し時間がオーバーしても自力で解答すること
・文字数オーバーしても正解に大筋を
合わせること
を意識して下さい

ちょっとした小技ですが、20字以内で解答せよ、とあったら、いきなり解答欄を埋めないで下さい。

解答用紙の隅等に、「1234567890」と横一列に数字を書き、その下に解答を書いて下さい。

そうすると、何文字書いたか分かりやすいです。

↓こんなイメージです。

1234567890
何文字書いたか直ぐに
分かります。

(常識だったでしょうか?)

スポンサーリンク

1日1題を目安に取り組む

応用情報レベルであれば、午後問題の1題は大体45分弱くらいで、採点、間違えた個所の確認まで出来ると思います。

これなら、平日の帰宅後でもなんとか出来る範囲です。

休日にまとめてだと、計画倒れになりやすいので、平日もやる事をお勧めします。

(因みに高度情報だと午後1題45分以内に解答なので、真面目に答え合わせもすると、1時間は軽く超えます。)

使用していた問題集

私が午後対策に用いた問題集は↓です。

このシリーズは分野別に午後問題の過去問をまとめて
くれているので、問題演習し易いです。

また、予想問題よりも断然「過去問」がお勧めです。

予想問題も取り組んだことはあるのですが、
不当に難しいのが多いです。

無駄に難しい問題を解いてもやる気が下がるだけなので、
やらない方がいいくらいかもしれません。

まとめると、
1日45分を確保して、午後問題の演習に充ててください。

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ