応用情報技術者試験の参考書でこれをオススメしないとはけしからん!

スポンサーリンク

応用情報試験の参考書のお勧め

私は応用情報では午前・午後共に8割超えというまずまずの結果で合格が出来ました。

「ほとんど勉強せずに合格した」という事は無く、学習の進め方、午後の選択等はかなり真剣に考えました。

応用情報取得後は高度情報も幾つか取得したので、会社の同僚や後輩から学習法について相談を受けるようになりました。

その際に「この参考書はススメられなかった?けしからん!」と思うことがあったため、私が応用情報で使用した参考書について書かせて頂きます。

知識のインプットのために使った参考書

まず必要となるのが教科書的につかう参考書です。情報処理の試験では翔泳社さんのこのシリーズを買っておけばハズレは無いです。

オススメする理由

amazonで なか見検索 してもらえば内容を確認出来ますが、私は以下のポイントで本書をお勧め出来ます。
・図や表を用いて説明しており分かりやすい
・各分野毎に出題される内容が順を追ってきちんと整理されている
・試験に出るポイント、間違えやすい箇所が欄外に書かれている

スポンサーリンク

セキュリティの対策に使った参考書

セキュリティをしっかり学習すべき理由

私は応用情報の合格にはセキュリティの対策が必要だと考えています。

理由はセキュリティが午後問題で必須選択だからですが、必須選択である事の意味が認識されていない気がしています。

必須選択という事は、つまりは全員が解答します。全員とは、セキュリティが得意な人も苦手な人もみんなが解答します。

すると当然ですが、得意な人と苦手な人では点数の開きが大きくなります。

情報処理試験を何度か受験すると分かりますが、合格率はほとんど一定になるように得点の調整がされています。(公式には得点調整がされていると言われていませんが)

つまりは、受験者の上位20%程度の成績の人が合格するので、セキュリティが苦手だとこの上位20%に入るのが遠のいてしまいます。

他の分野なら、自分と相性が悪いと思えば選択を変更することも出来ますが、セキュリティだけはそれが出来ません。

このため、合格を目指すならセキュリティの勉強に重点を置く必要があります。

セキュリティにはネットワーク関係の知識も必要

例えばですが、「IMAP」や「SMTP」について説明が出来るでしょうか?

私はネットワーク系の知識が乏しく、こういった英語の略語がとても苦手でした。

この点を強化するために、以下のテキストを使用しました。

これ一冊を読んでおくとネットワーク関係の基礎知識をつけることが出来ます。

オススメする理由

これもamazonで なか見検索 が出来ます。見て頂くと分かりますが、ネットワークの一単語ずつを1ページないしは2ページを用いて、大きな図を使いながら説明してくれています。

ネットワーク系の学習にアレルギーがあった私でもこれなら読み通すことが出来ました。

主に午前問題の演習のために使用した問題集

午前問題の対策本はだいたいどれを取ってもハズレは無いとは思います。

オススメする理由

私は4回分+PDF12回分というキャッチコピーに惹かれてこれを選びました。

午前問題は8割くらいは過去に出題された問題が使い回されています。

このため、過去問をひたすら繰り返して、8回分位を頭に入れておけばほぼ合格します。

午後の問題演習のために使用した問題集

問題集と言えば、予想問題集と過去問題集がありますが、過去問だけやる事をお勧めします。

予想問題集は大人の都合で、どうしても難しめに作る必要があります。(「この予想問題集を完璧にやったのに不合格だった」というクレームを避けるため)

難しすぎる問題集をやっても、時間はかかるし、気力は削がれるしで良い所はありません。

オススメする理由

紹介した「重点対策」は過去問だけを掲載しています。

そして、ただ年度順に掲載している訳ではなく、各分野毎の出題パターンを押さえられるように選別した上で掲載してくれています。

この選別だけでもお金を払う価値があります。

電車等の移動中に使用していた参考書

オススメする理由

仕事をしていると自宅で十分な学習時間を確保することが難しかったため、通勤時や休日に乗る電車の中でも勉強をしていました。

この本はコンパクトながら良くまとまっていて、要点の整理をするには丁度良かったです。

午前問題や午後問題も少しですが掲載されていたため、問題演習も出来ます。

直前期は以下のパターンで勉強していました。
朝・夜の帰宅時:本書を使って勉強する
帰宅後:「重点対策」の問題集で通勤時に勉強したのと同じ範囲の午後問題を演習する

一日に同じ範囲を何度も学習出来たので、記憶の定着も良かったです。

番外編

応用情報処理に直接関係はしませんが、以下の記事にて情報処理試験を受験していく事でキャリアを形成された方の書籍を紹介させて頂いています。

モチベーションのアップのため、キャリア形成のご参考にどうぞ。

おわりに

上で紹介した4冊をやればほぼ合格出来るのではないかと思います。

あと、私は午前・午後共に8割越えで余裕をもって合格できましたが、練習中は最後まで午後の点数が伸びずほぼボーダー位の実力でした。

受験される方も、直前で点数が伸びないからと言って合格を諦めずに、最後まで演習すれば合格出来るのではないかと考えます。

私の勉強方法等は以下の記事にまとめましたので、ご参考にどうぞ。(1人でも多くの方が合格出来るようにと思って書かせて頂きました。)

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←応援お願いします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする