満員電車での勉強は無理ゲーなのでグリーン車で資格の勉強をして合格しました

都会の電車の混雑っぷりはひど過ぎませんか!?

私は、毎日ではないのですが、仕事の都合によっては頻繁に満員電車に乗る必要があります。

特に移動時間を利用してでも勉強をしたい場合もあるのですが、満員電車では勉強出来ない場合もあります。

そういった理由もあり、満員電車に乗らなければいけない場合はグリーン車に乗っています。

IT系の国家資格である「情報セキュリティスペシャリスト」という資格を取得した時もグリーン車で勉強していました。

本記事では、資格の勉強をする人にグリーン車をお勧めする理由を書かせて頂きます。

スポンサーリンク

満員電車のデメリット

勉強に集中出来ない

満員電車で混雑がひどい場合は、テキストを開くことすら難しいです。

例えテキストを開けたとしても、満員電車では電車が揺れるたびに、ヒジや鞄が当たって来て集中する事が出来ません。

例え座れたとしても、立っている人が至近距離まで迫って来ます。

こんな状態では、満足に勉強できる訳が無いです。

ストレスが凄い

心理学的には「満員電車のストレスは戦場のストレスよりもひどい」とされています。

苦痛な状況をただただ耐えるしかない、というのは人間の精神に大きな負荷を与えるそうです。

それだけのストレスを耐えていると、本来は他の事に使えたはずの精神力を削られてしまう事になります。

本気で勉強するならグリーン車に乗るべき理由

『勉強』=『投資』

社会人になって勉強する理由は、だいたいは以下ではないでしょうか。

  • 出世のため
  • スキルアップのため
  • 転職のため

いずれにせよ、人生の貴重な時間を勉強に費やす事になります。

友人・恋人・家族と過ごす時間を削る場合もあります。

電車のグリーン代は1,000円程度です。

お金はスキルを上げてまた稼げば良いですが、時間はそうもいきません。

本気で勉強をするなら、少しでも有利な環境を整えるのは当然です。

スポンサーリンク

グリーン車内での勉強のメリット

勉強するスペースを確保できる

グリーン車とは言え、混雑している場合は、最悪、座れない場合もあります。

それでも、余程の事が無い限りは、テキストを開く事は出来ますし、他人と密着する様な事は、まずありません。

ストレスで余計な体力を消耗せずに済む

ストレスを受けると、血圧や心拍にも影響が表れ、余計な体力を使ってしまいます。

満員電車で受けるストレスを回避出来れば、その分を勉強に使う事が出来ます。

特に、出張等の慣れない行動は、知らず知らずのうちに脳に負担を掛けています。

体力温存が出来るなら、それに越したことはありません。

仮眠をとって気力・体力を回復出来る

グリーン車で座れた場合、例えば45分乗車するなら以下の様な事が出来ます。

  • 15分は仮眠をとってリフレッシュ
  • 30分は集中して勉強する

仕事をしながらの勉強となると、無理をする場面もしばしば有ります。

仮眠でリフレッシュの時間を取って、コンディションを整えるのも大事な事です。

風邪の予防になる

特に、睡眠時間を削っていた場合には免疫力が低下しています。

満員電車で、隣に風邪やインフルエンザ等の保菌者が乗ってこないとも限りません。

そんな人があなたに密着してきたら、ウイルスをうつされる可能性は低くありません。

大事な勉強期間に体調を崩しては、合格するのも難しくなってしまいます。

勉強から逃げられなくなる

社会人の場合、仕事の都合で試験前に予定通り勉強できない場合もあります。

そうなると「今回の受験は見送って、次頑張ろう」と言って、諦めてしまう人もいます。

情報処理の試験では、申し込みはしたのに、受験しない人が1~2割もいます。

グリーン代という投資をすると、簡単に諦めるのが勿体なくなり、最後まで勉強するモチベーションにもなります。

いくつか資格を取得してきた経験では、最後の1,2週間の追い込みが明暗を分けると言っても過言ではありません。

終わりに

ある漫画でこんな事を言っていました。

「金で解決できる問題なら、金で解決するに越したことは無い」

お金は後から稼ぐ事が出来ます。

私は、情報セキュリティスペシャリストの受験時には、約3万円程をグリーン代に使いましたが、特に後悔はしていません。

本気で合格を狙いに行く場合なら、グリーン車代も投資と割り切って使う事をお勧めします。

以上です

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ