自宅での学習環境 照明について

私が資格の勉強をする時の勉強場所はざっくりと以下の3箇所です。
①自宅
②電車の中
③ファミレス

基本的に平日は、通勤電車の中か、帰宅後に自宅で勉強しています。

アラサーになってから感じるようになったのですが、
帰宅後、深夜に本気で集中して勉強すると睡眠に
差し支えが出てしまうようになってしまいました。

神経が興奮してしまうのか、
寝つきが悪い、眠りが浅いといった感じで、
翌日に疲労を持ち越してしまう感じです。

これでは、翌日の仕事にも差支えが出ますし、試験勉強の効率も低下してしまいます。

これを避けるため、自宅で勉強する際には、なるべくリラックスできるように
少し工夫しています。

具体的には、照明です。

蛍光灯の様な白い光は、朝日や日中の光に近いため、
寝る前に浴びていると、体が時間を勘違いしてしまい、
覚醒状態になります。

逆にオレンジ色の電球等は、夕日の光に近いため、
これから寝るのだと、体が認識するそうです。

私の部屋には、ポールにLED電球を着けた照明、デスクの上の照明が
あるのですが、どちらも調光可能な照明にしています。

こうすることで、平日の夜間はオレンジ色の光にして、
睡眠に差支えが無いようにし、休日の昼間に勉強する際は、
白色の光にして体や脳が覚醒するようにしています。

↓部屋の照明の写真です。

どうでしょうか、光の色味の違いで雰囲気が変わりませんか?

参考までに、ポール型の間接照明の本体は8000円、電球は1つ2000円くらい
デスク照明は1万円程でした。

照明にお金をかけるのは少し勿体ない気もしますが、
基本的に時間の無いサラリーマンにとって効率を上げるための投資は
惜しまない方が良いと考えています。

それに、勉強だけでなく、
家の中がリラックスできる空間であれば、
外で疲れた神経を休ませることもできます。

実際に就寝前に勉強する際にはオレンジ色に調光することで、
過度な神経の興奮を抑えることが出来ていると感じます。

仕事もしつつ、勉強も頑張ろうという勤勉な方には、
心身の健康も大事にして頂きたいと思っているので、照明にこだわってみるのは如何でしょうか?

ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ←私に期待という名のプレッシャーをかけて下さい
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

関連コンテンツ